Menu
(0)

Search

『ハン・ソロ』降板のフィル・ロード&クリス・ミラー、コメディドラマを製作 ― ディズニーのフォックス買収、早くも題材に?

フィル・ロード&クリス・ミラー
Photo by Gage Skidmore( https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/17025411706/ ) Remixed by THE RIVER

製作を務めたアニメ『スパイダーマン:スパイダーバース』(2019)の劇場公開を控えるフィル・ロード&クリス・ミラー監督が、米NBCで新作コメディドラマ「Business as Usual(原題)」の製作総指揮(エグゼクティブ・プロデューサー)を担当することが明らかになった。Varietyが報じている。

フィル・ロード&クリス・ミラー
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/17025411706/ Remixed by THE RIVER

フィル・ロード&クリス・ミラーは『21 ジャンプストリート』(2012)や『LEGO® ムービー』(2014)など、ハイテンションかつハイテンポなコメディを得意とする監督コンビ。『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(2018)の監督を務める予定だったが、ルーカスフィルムとの「創作上の相違」を理由に降板したことが記憶に新しい(後任にはロン・ハワードが就任し、二人は製作総指揮としてクレジットされている)。今後は『スパイダーマン:スパイダーバース』のほか、SF映画『アルテミス(原題:Artemis)』で監督を務める予定である。

本作の原案は、ドラマ「Family Guy」(1999-)の脚本家で、本作の製作総指揮をフィル&クリスと共に担当するヘイズ・ダベンポートが考案。危機的状況に陥っている会社で働く普通の社員たちをめぐるコメディで、職場が常軌を逸していく中、仕事と人間関係を維持しようと奮闘する社員の様子が描かれるという。

ところが、この「Business as Usual」というタイトル、非常に意味深であることに注目しておきたい。

本作を製作するのは、フィル&クリスが契約を結んでいる20世紀フォックス・テレビジョン。二人が降板した『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』をはじめ、『スター・ウォーズ』シリーズを手がけるルーカスフィルムはウォルト・ディズニー・カンパニーの傘下にある。そのディズニーは20世紀フォックスを含む21世紀フォックス社の事業を買収する予定だ。
実は2018年初頭に開催されたイベントで、フォックス・テレビジョン・グループの幹部は、この買収劇を受けて“Business as Usual(通常通りの業務を行う)”と繰り返し述べていた。こうした背景を踏まえて、本作の舞台が「危機的状況に陥っている会社」であること、そしてこのタイトルを考えてみると……。いささか深読みかもしれないが、これはフィル&クリスが仕掛けた“ちょっとしたジョーク”なのか、それとも?

ドラマ「Business as Usual(原題)」の米国放映日、および撮影時期は未定

Sources: Variety
Eyecatch Image: Photo by Gage Skidmore Remixed by THE RIVER

Writer

Marika Hiraoka
Marika Hiraoka

THE RIVER編集部。アメリカのあちこちに住んでいました。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly