Menu
(0)

Search

PC版『サイバーパンク2077』プレイヤー数が発売から79%減との調査結果

サイバーパンク 2077
CD PROJEKT®, Cyberpunk®, Cyberpunk 2077® are registered trademarks of CD PROJEKT S.A. © CD PROJEKT S.A. All rights reserved. All other copyrights and trademarks are the property of their respective owners.

世界待望のオープンワールドゲーム、『サイバーパンク2077』が度重なる発売延期を経て、2020年12月10日に発売された。発売からわずか10日間で1300万本以上の売り上げを達成し、PS4版と同日に発売されたPC/Steam版では、プレイヤー数が当日に100万人を突破。実に好調な成績と言えそうだが、プレイヤー数は残念ながら激減しているようだ。

『サイバーパンク2077』は、2077年の荒廃した近未来都市、ナイト・シティを舞台とする作品。息を呑むビジュアル、壮大なオープンワールドなど、発売前から大きな期待が寄せられていた本作だが、発売直後に深刻な不具合が散見され、プレイヤーからは不満が相次ぎ、大規模な返金騒動、PlayStation Storeでの販売を一時停止する事態にまで発展していた

ビデオゲームのプレイヤー数を調査している会社「GitHyp data」によると、PC/Steam版では12月の発売当初、100万人以上のプレイヤーがピークでいたにもかかわらず、現在は多くて22万人程度とのこと。発売から約1ヶ月で79%程度も減ったというわけだ。PS4版とは裏腹に、PC/Steam版では比較的問題なく遊べているとの声もあることや、シングルプレイヤーゲームのためクリアしただけの可能性もあるだろう

あわせて読みたい

Source: GitHyp data , Game Spot

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly