Menu
(0)

Search

『スパイダーマン:ホームカミング』脚本家、『ダンジョンズ&ドラゴンズ』映画版の監督就任か ─ 契約交渉が進行中

ダンジョンズ&ドラゴンズ
Photo by Antony Petrushko https://www.flickr.com/photos/geralddeschain/16112290310/

『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)の脚本家であるジョン・フランシス・デイリー&ジョナサン・ゴールドスタインが、人気のテーブルトークRPGを映画化する『ダンジョンズ&ドラゴンズ(原題:Dungeons & Dragons)』の監督として契約交渉に入っていることがわかった。米Deadlineなどが報じている。

『ダンジョンズ&ドラゴンズ』の映画化企画については、2018年2月に『レゴ(R)バットマン ザ・ムービー』(2017)のクリス・マッケイ監督が契約交渉に入っていた。しかし米Varietyによれば、マッケイは、クリス・プラット主演の新作映画『Ghost Draft(原題)』に集中するため、すでに『ダンジョンズ&ドラゴンズ』を離れているという。

マッケイの後任者として契約交渉に入っているデイリー&ゴールドスタインは、これまでに『モンスター上司』(2011)『くもりときどきミートボール2 フード・アニマル誕生の秘密』(2013)で脚本を担当。『お!バカんす家族』(2015)『ゲーム・ナイト』(2018)では脚本・監督を兼任して高い評価を受けた。DCコミックス原作映画『ザ・フラッシュ(原題:The Flash)』でも脚本・監督を務める予定だったが、2019年7月、創造性の違いからプロジェクトを離脱。『ダンジョンズ&ドラゴンズ』を製作するパラマウント・ピクチャーズがすかさず2人の起用に乗り出し、交渉は急ピッチで進められているという。

『ダンジョンズ&ドラゴンズ』の映画化を手がけるのは、原作ゲームの権利を有する米Hasbro傘下の製作会社AllSpark Pictures。プロデューサーにはHasbroのブライアン・ゴールドナーCEO、同社の映像化作品を手がけるステファン・デイヴィス氏が名を連ねた。脚本はマイケル・ギリオが執筆すると伝えられているが、脚本家であるデイリー&ゴールドスタインが就任する場合、今後もギリオが継続的に関与することになるかどうかは不明。

『ザ・フラッシュ』はアンディ・ムスキエティ監督に?

Sources: Deadline, Variety

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条として、海外の映画・ドラマを中心に執筆しています。日本国内の映画やアニメーションも大好きです。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly