『ザ・マミー』ダーク・ユニバース、水面下で再始動か ― 一時凍結状態も、ユニバーサル社内に気になる動き

トム・クルーズ主演映画『ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』(2017)でスタートした、ユニバーサル・ピクチャーズによる「ダーク・ユニバース」構想は、第2作の製作を待たずして一時凍結状態に陥った。『フランケンシュタインの花嫁(仮題)』の公開は無期延期となり、ジョニー・デップ主演と告知されていた『透明人間(仮題)』からは脚本家が降板。ユニバースを指揮する予定だったアレックス・カーツマン&クリス・モーガンもすでに離脱しているという。

ところがユニバーサルは、往年のモンスター映画を現代のクリエイターで甦らせるというコンセプトを諦めてはいなかったようだ。2018年5月10日(現地時間)、アーティストのロバート・ヴァーガス氏はユニバーサルの幹部と「ダーク・ユニバース」についてのミーティングを行ったことをInstagramにて明かしている。

この投稿でロバート氏は、映画プロデューサーのホーリー・ゴライン氏をはじめとする「ダーク・ユニバース・チーム」と面会したこと、「ユニバーサル・ピクチャーズの名作に貢献できるのが楽しみ」であること、そして「モンスターの作業をしている」ことを明かしている。すなわちダーク・ユニバースは水面下で再始動が図られており、そこにロバート氏がなんらかの形で携わる可能性が高いというわけだ。

 

2017年11月、ユニバーサルが整備したダーク・ユニバースのオフィスはほとんど“もぬけの殻”だと伝えられていた。しかしそれから約半年が経過して、次なる一手のために策が練られているとみていいだろう。ちなみに『透明人間』から降板した脚本家のエド・ソロモン氏は、2018年1月時点で、ユニバーサルが「(ダーク・ユニバースを)再設計している」と語っている『フランケンシュタインの花嫁』を手がける予定だった、『美女と野獣』(2017)のビル・コンドン監督は現在もプロジェクトに残っているのだろうか?

ともかく、ダーク・ユニバースに関する新たな情報がいずれ届けられるに違いない。今はその時をじっと待つことにしよう……。

Source: ComicBook.com
(C)Universal Pictures

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。