『ウィンストン・チャーチル』役づくりは「スタミナの訓練」 ― ゲイリー・オールドマン、ニコチン中毒になっていた

英国首相ウィンストン・チャーチルの首相就任からダンケルクの戦いまで、27日間の出来事を描いた映画『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』。この作品で入魂の役づくりを経てアカデミー主演男優賞を手にしたのが、映画ファンから絶大な支持を集めるゲイリー・オールドマンだ。

日本人アーティスト、辻一弘らによる驚くべき特殊メイクはもちろん、本作でゲイリーは丁寧なリサーチによってウィンストン・チャーチル役に挑んでいた。米Deadline誌やThe Hollywood Reporter誌では、そのエピソードが本人の口から克明に語られている。

ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男

© 2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

ヘビーな特殊メイク、大量の葉巻

ゲイリーは本作のウィンストン・チャーチル役について、「スタミナの訓練でしたね」と振り返っている。まず特筆すべきは、これがゲイリー・オールドマンだと聞かされても信じられないほどのビジュアルだ。ゲイリーはこの容姿を獲得するため、毎日撮影前に長時間のメイクアップ作業に参加していたという。

「(撮影前)4時間早く、誰よりも先に(現場へ)来ていました。それから10~12時間働いて、夜にはメイクを落とすのに1時間。長い毎日が続きましたが、いわば私はこの映画のモーターですから。ほとんどすべてのシーンに出ているんです。こんな体力があったのかって、不思議に思いましたよ。」

しかも撮影中、ゲイリーに負担をかけたのは長時間の作業だけではなかった。劇中、多くのシーンで彼は葉巻を吸っている。ジョー・ライト監督が「葉巻なしにウィンストン・チャーチルは描けない」と語るように、劇中では実際のチャーチルが愛してやまなかったというブランド「ロメオ Y ジュリエッタ」が使用された。撮影中、ゲイリーがくわえた葉巻は少なくとも400本。3,000万ドルの製作費のうち、なんと約20,000ドルが費やされたという。

「重いニコチン中毒になりました。葉巻を4分の3吸って、また火をつけて、というのを数回繰り返すんです。なくなったら、小道具のスタッフが新しい葉巻を持ってきて。そんなことをワンシーンに10~12テイクやっていましたから。」

ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男

© 2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

 

こうした厳しい撮影を時に回想しつつも、ゲイリーは「この役を演じるのはすごく楽しかった。だからやり遂げられたんです」話している。また、もちろんビジュアル面以外にも、彼が古いニュース映像を見る、資料を読み込むなど入念なリサーチを重ねて役に入っていったことも忘れてはならないだろう。

「チャーチルについて書かれた本は、彼自身が書いた50冊を別にして800冊以上あります。素材は大量にあるんですよ。判断力を失ってしまいかねないので、僕はすごく細かい部分に取り組みました。彼の人生の、(本作で描かれる)限られた時間に集中して、あらゆる役と同じように、小さなところから彼という人物を作っていったんです。」

映画『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』は2018年3月30日より全国の映画館にて公開中

『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』公式サイト:http://www.churchill-movie.jp/

Sources: Deadline, THR
© 2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。