Menu
(0)

Search

ジム・ジャームッシュ最新作『デッド・ドント・ダイ』公開日決定 ─ ビル・マーレイ&アダム・ドライバー、ティルダ・スウィントンがゾンビと戦う

デッド・ドント・ダイ
Credit : Abbot Genser / Focus Features © 2019 Image Eleven Productions, Inc.

『パターソン』(2016)や『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』(2013)、『ブロークン・フラワーズ』(2005)などの鬼才ジム・ジャームッシュ監督による新作映画『The Dead Don’t Die(原題)』が、邦題デッド・ドント・ダイとして2020年4月3日(金)に全国公開される。あわせて、日本語字幕付き海外版予告編が到着した。

本作は、バス運転手の何気ない日常を切り取って日本でも大ヒットした『パターソン』の製作以前からジャームッシュ監督が構想を温めていたという最新作。インディペンデント映画界の巨匠であり、全世界の映画人や映画ファンからリスペクトを受ける鬼才ジム・ジャームッシュが初めて挑んだゾンビ映画だ。アメリカの田舎町センターヴィルを舞台に、たわいのない住人トラブルに追われる日々を送っていたロバートソン署長とピーターソン巡査は、突如として街にゾンビが出現したことから思わぬ事態に巻き込まれていく。

W主演を務めるのは、『ゴーストバスターズ』『ゾンビランド』などでホラーコメディは十八番、ジャームッシュ監督とは3度目のタッグとなる名優ビル・マーレイと、『スター・ウォーズ』シリーズや『マリッジ・ストーリー』(2019)のアダム・ドライバー。ハリウッドで最も注目される俳優のひとりであるアダムは、ジャームッシュ監督の前作『パターソン』でも主演を務めた。2019年のカンヌ国際映画祭で上映されるや、「最高の2人」との声も寄せられた顔合わせに注目だ。

さらに本作には、ティルダ・スウィントンクロエ・セヴィニースティーヴ・ブシェミトム・ウェイツら“ジャームッシュ常連組”から、セレーナ・ゴメスダニー・グローヴァーケイレブ・ランドリー・ジョーンズといった豪華キャストが集結。ロックミュージシャンのイギー・ポップ、公私ともに長年のパートナーであるサラ・ドライバーなど、監督とゆかりの深いメンバーも加わった。

公開された海外版予告編では、田舎町センターヴィルにある“3人だけの警察署”で勤務するロバートソン署長(ビル・マーレイ)とピーターソン巡査(アダム・ドライバー)、モリソン巡査(クロエ・セヴィニー)が、ダイナーでの変死事件を皮切りに、死者たちが次々と墓場から蘇る怪異に直面。ピーターソン巡査はナタでゾンビの首を切り落とし、葬儀屋のゼルダ(ティルダ・スウィントン)も日本刀で斬って、斬って、斬りまくる。生前大好きだったモノを求めて彷徨う“コーヒー・ゾンビ”(イギー・ポップ)や“シャルドネ・ゾンビ”などが増殖していく中、彼らを待つのは希望か、絶望か?

映画『デッド・ドント・ダイ』は2020年4月3日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開

アダム・ドライバー、監督に愛されがち

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly