『デッドプール2』米ティザー予告映像解禁!本編映像は約10秒、適当すぎるあらすじも公開

映画『デッドプール2(仮題)』の米国版ティザー・トレーラーが到着した。
今回の映像は、本作にとって初めての予告編……なのだが、デッドプールのことである、そんなに真っ当な「予告編」が出てくるわけもなかったのだ。約2分間の映像のうち、本編映像は約10秒のみ。残りの時間は、とにかくデッドプールがパロディに興じ続けるのである。

「デッドプールの絵画教室」

この予告映像で我らがウェイド・ウィルソン/デッドプール(ライアン・レイノルズ)が演じているのは、米国の画家ボブ・ロス。彼のテレビ番組で、多くの視聴者から人気を博した「ボブの絵画教室」(The Joy of Painting)のパロディになっているのだ。デッドプールが何を喋っているのか理解できずとも、とにかく適当に進行する絵画教室の様子や、そのテンションとハプニングを十分に楽しめることだろう。

ただし、やはり一番の見どころは、なんといっても映画『デッドプール2』の本編映像である。
銃を抜いたり棺から起き上がったりするデッドプールをはじめ、ヒロインのヴァネッサ(モリーナ・バッカリン)やタクシー運転手のドーピンダー(カラン・ソーニ)、X-MENのメンバー入りを果たしたらしい新たなヘアスタイルのネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッド(ブリアナ・ヒルデブランド)らが相次いで登場。ブラインド・アル(レスリー・アガムズ)やウィーゼル(T・J・ミラー)も前作以上の活躍を見せることになりそうだ。

さらに新しいキャラクターとして、ケーブル(ジョシュ・ブローリン)と思しきシルエットや、扉を破って現れるドミノ(ザジー・ビーツ)、そして教会らしき場所で炎に囲まれている少年の姿もある。ちなみにこの少年役を演じるのは、タイカ・ワイティティ監督作品『ハント・フォー・ザ・ワイルダーピープル』(2016)のジュリアン・デニソンだ。炎を操っているように見えなくもないが、もしかして彼もミュータントの一人なのか……?

 

なお本映像の公開にあたって、『デッドプール2』の公式シノプシスが公開されている。公式である

命が危ぶまれるほどの鈍い攻撃から生還して、カフェの醜いシェフ(ウェイド・ウィルソン)は、失われた味覚に対処する方法を学びながら、メイベリーで一番のバーテンダーになるという夢を実現しようと奮闘していた。人生のスパイス、それから次元転移装置(編注:『バック・トゥ・ザ・フューチャー』デロリアンに搭載)を手に入れるべく、ウェイドは忍者やヤクザ、たくさんの発情した犬と戦わなければならない。家族や友情、そして趣―新たな味わいを求める冒険や誰もが欲しがる“World’s Best Lover”のコーヒーマグを手に入れることの大切さを知るため、彼は世界を旅するのだ。

映画『デッドプール2(仮題)』は2018年6月1日に米国公開予定。

Sources: https://screenrant.com/deadpool-2-teaser-trailer/
http://comicbook.com/marvel/2017/11/15/deadpool-2-pyro-trailer-julian-dennison/
http://collider.com/deadpool-2-teaser-trailer-ryan-reynolds-bob-ross/
Eyecatch Image: https://www.youtube.com/watch?v=8-Cjsnq8kVU 画像サムネイル

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。