Menu
(0)

Search

デッドプールがマーベル・ヒーローを殺しまくる、超問題作『デッドプール・キルズ・マーベルユニバース』まさかの復活

デッドプール・キルズ・マーベルユニバース』というコミックをご存知だろうか。

いまや映画版が大ヒットし、“俺ちゃん”として高い人気を獲得しているデッドプールが、マーベル・ユニバースのヒーローたちを片っ端からブチ殺していくというストーリーである。ご存知X-MENやアベンジャーズのメンバーをはじめ、どいつもこいつもがデッドプールの手によって、わずか数ページで死体に変わる……まぎれもなく超問題作だ。そのヤバさは、邦訳版の表紙をご覧いただければ十分にご理解いただけることだろう。

この『デッドプール・キルズ・マーベルユニバース』がアメリカで刊行されたのは2012年10月のこと。それから約4年半が経った2017年の春、なんとこの作品が甦ることになったようだ。タイトルは『デッドプール・キルズ・ザ・マーベル・ユニバース・アゲイン(原題:DEADPOOL KILLS THE MARVEL UNIVERSE AGAIN)』

「Respawn(復活)」という言葉で、同作の再生を宣言しているのは、マーベル・コミックの編集長を務めるアクセル・アロンソ氏。Twitterに投稿されたカバー・アートでは、すでにデッドプールによって、おなじみのキャラクターたちが首をハネられている……。

もともと『デッドプール・キルズ・マーベルユニバース』は、1995年刊行の『パニッシャー・キルズ・マーベルユニバース』というコミックを下敷きにした作品だ(同作は『デッドプール・キルズ・マーベルユニバース』の邦訳版に併録されている)。いわば作品そのものがパロディだったわけだが、果たして今回はどんなストーリーになるのだろうか。オリジナル版でライターを務めたカレン・バン、アートを手がけたダリバー・タラジッチの再登板については現在不明だ。

すでにアロンソ氏の投稿には、「ウソだろ」「冗談だと言ってくれ」「オリジナルは最高だった」「オリジナルは最低だった」など、ファンからの反応が数多く寄せられている。今度はどんな活躍(暗躍)を読むことができるのか、期待半分、不安半分で待つことにしよう。

Source: http://www.cbr.com/marvel-teases-deadpool-killing-marvel-universe-again/
Eyecatch Image: http://marvel.wikia.com/wiki/File:Deadpool_Kills_the_Marvel_Universe_Vol_1_1.jpg
© MARVEL

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly