Menu
(0)

Search

『デッドプール』続編、マーベル・スタジオで企画進行中 ─ ライアン・レイノルズが認める

デッドプール2
(C)2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

ライアン・レイノルズ主演、大人気“R指定ヒーロー”シリーズデッドプール』の第3作(タイトル未定)が、ディズニーマーベル・スタジオにて進められていることがわかった。米国のテレビ番組「Live With Kelly and Ryan」にてライアン自身が明かした。

20世紀フォックスが製作してきた『デッドプール』シリーズは、ウォルト・ディズニー・カンパニーによってフォックスが買収されたのち、今後の展開が不透明となっていた企画のひとつ。ディズニー/マーベル側は継続の意志を示していたが、具体的な進捗状況は聞かれていなかった。

このたびライアンは、「『デッドプール』の新作の計画は?」との質問に「もちろん」と答えている。「チーム全体で取り組んでいるところです。マーベルでの作業なので、いきなりメジャーリーグですよ」。2019年10月、ライアンはマーベル・スタジオ側と面会したことをInstagramにて明らかにしていた。当時は次回作について「すべて未定」とされていたが、すでに企画は動き出しているようだ。

また2019年10月には、『デッドプール』前2作の脚本家であるレット・リース&ポール・ワーニックが、ディズニー側が『デッドプール』のR指定継続を認めたことも明かしていた。今回、ライアンが「チーム全体」と述べているあたり、『デッドプール』成功の仕掛け人であるレット&ポールもおそらくプロジェクトに参加しているとみられる。

一方で、米Varietyによれば、マーベル・スタジオが『デッドプール』を手がけるにあたり、これまで『X-MEN』『デッドプール』シリーズを指揮してきた20世紀フォックスのエマ・ワッツ副会長はプロジェクトを離脱。ディズニー傘下のフォックスには残留しており、ライアンの主演映画『フリー・ガイ(原題:Free Guy)』には携わっている。今後は『アバター』シリーズや、スティーブン・スピルバーグ監督作品『ウエスト・サイド・ストーリー(原題:West Side Story)』などを手がける予定だ。

あわせて読みたい

Source: Variety

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。劇場用プログラムや各種媒体への寄稿なども喜んで承りますので、お気軽にお尋ねください。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly