Menu
(0)

Search

『ジャスティス・リーグ』デスストロークの配役、ファンアートが一因だったことが明らかに

Joe Manganiello at the Premiere of Pee-Wee's Big Holiday during SXSW 2016 / Daniel Benavides ( https://www.flickr.com/photos/relevantwriter/25752717202/ )

ファンアートが製作に作用した、貴重な例と言えるかもしれない。

DC映画『ジャスティス・リーグ』(2017)では、人気キャラクターのデスストローク/スレイド・ウィルソンがカメオ登場したことも話題となった。このデスストロークは俳優ジョー・マンガニエロが演じたが、キャスティングのきっかけとなった一つにファンが制作した二次創作のコンセプトアートがあったという。

制作したのは、ハイクオリティなファンアートで知られるBosslogic氏。自由な発想による映画のポスター風アートなどを、本物と見紛う出来で公開し続けている。

『ジャスティス・リーグ』でデスストロークを演じたジョー・マンガニエロは、現地時間2018年6月9日、メルボルンで開催された 「Oz Comic-Con」に登場。ここでマンガニエロが語ったところによれば、ベン・アフレックがまだDCコミックスのジェフ・ジョーンズと『ザ・バットマン』単独映画の脚本執筆にあたっていたころ、プロデューサーのジョン・バーグが「デスストローク」の名をGoogle検索、そこでBosslogic氏による件のファンアートを発見。これがきっかけで、ジョー・マンガニエロの元に出演オファーが届いたという。

このエピソードがOz Comic-Conに参加した複数のファンによって報告されると、マンガニエロ本人は自身のTwitterにて「(キャスティングには)他にも様々な要件があったものの、あのアートワークがきっかけだった」と認めている。

この話題がネットを中心に広まりを見せると、BosslogicはTwitter上で「今日のOz Comic-Conですごいことが起こった。どういうことなのか、たまげた」と投稿している。

なお実写版デスストロークは、『ザ・レイド』(2011)のギャレス・エヴァンス監督のもとで単独映画化の企画が存在する。詳細は明らかになっていないが、『ジャスティス・リーグ』同様にジョー・マンガニエロが同役を演じる予定だ。もしもマンガニエロ版デスストロークが単独映画化までこぎつけられたなら、Bosslogic氏の想像力や、そのアートに対するネット上の評判が実現の一因となった作品と言えるかもしれない。

Source:Joe Manganiello ,CBM

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly