Menu
(0)

Search

『TENET テネット』エリザベス・デビッキ、第二次世界大戦で暗躍のスパイ女性描くドラマで主演&製作総指揮

エリザベス・デビッキ
Photo by Eva Rinaldi https://www.flickr.com/photos/evarinaldiphotography/6707398067/ | Remixed by THE RIVER

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017)『TENET テネット』(2020年9月18日公開)などで知られるエリザベス・デビッキが、第二次世界大戦末期に暗躍したニュージランド出身の女性スパイ、ナンシー・ウェイクの半生を描くリミテッド・シリーズ「Code Name Hélène(原題)」で、主演&製作総指揮を務めることがわかった。米Varietyが報じている。

ナンシー・ウェイクは、第二次世界大戦末期にイギリス特殊作戦執行部(SOE)に所属していた実在のエージェント。10代で故郷を離れてヨーロッパに渡ったウェイクは、ジャーナリズムを習得し、大戦が始まってからはフランスのレジスタンス組織マキのリーダー的存在としてナチス・ドイツを相手に闘った。本シリーズは、大戦中に4つのコードネームを使い分けたウェイクの暗躍を、複数のタイムラインを織り交ぜながら展開していくという。

原作は、ニューヨーク・タイムズのベストセラー作家アリエル・ロウホンによる著書「Code Name Hélène: A Novel」。製作は、「TRUE DETECTIVE」(2014-)や『レヴェナント: 蘇えりし者』(2015)などで知られる仏Vendome Groupと、『スポットライト 世紀のスクープ』(2015)などの米Anonymous Contentsが務める。デビッキのほか製作には、『汚れなき情事』(2009)のロザリー・スウェドリン、『ミッション: 8ミニッツ』(2011)フィリップ・ルスレ、『トリプル9 裏切りのコード』(2016)キース・レドモンらが就任している。

この度の発表に際してデビッキは、「ナンシー・ウェイクはニュージーランドで生まれ、オーストラリアで育った、素晴らしい勇気と創意工夫を持った卓越した女性です」とコメント。「第二次世界大戦中の彼女の勇ましい行いは、あまりにも知られていないと思うんです。オーストラリア人である私が、女優そして製作総指揮としてこの作品に参加し、彼女のかなりユニークな物語を伝えられて嬉しいです」と語った。

『華麗なるギャツビー』(2014)『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』、『コードネーム U.N.C.L.E.』(2015)など、数々の話題作に出演を重ね、幅の広い演技を見せてきたデビッキの次回作は、クリストファー・ノーラン監督最新作『TENET テネット』(2020年9月18日公開)。ほか、Netflixオリジナルシリーズ「ザ・クラウン」(2016-)シーズン5&6でダイアナ妃役を演じることが決定している。

あわせて読みたい

Source: Variety

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly