Menu
(0)

Search

『ディア・エヴァン・ハンセン』ジュリアン・ムーア、長いキャリアで◯◯に初挑戦 ─ 「怖かった」と語る

『ディア・エヴァン・ハンセン』
© 2021 Universal Studios. All Rights Reserved.

『アリスのままで』(2014)でアカデミー賞主演女優賞に輝いた名優ジュリアン・ムーアは、最新作『ディア・エヴァン・ハンセン』(2021)で、意外にもあるコトに初めて挑戦することになった。ムーアは撮影当時を振り返り、「怖かった」と語っているが、果たしてそれは一体?

この記事には、『ディア・エヴァン・ハンセン』の内容が含まれています。

ディア・エヴァン・ハンセン
© 2021 Universal Studios. All Rights Reserved.

『ディア・エヴァン・ハンセン』は、『ラ・ラ・ランド』(2016)『グレイテスト・ショーマン』(2017)の作曲家コンビで知られるベンジ・パセクとジャスティン・ポールが、2001年の同時多発テロ事件以降にインターネット上で見られるようになった若者の孤独を着想に、作家のスティーヴン・レヴェンソンと共同で手がけた傑作ミュージカル。孤独を抱えた高校生の主人公エヴァンが、ひょんなことからついてしまった1つの嘘をきっかけに、彼の人生に劇的な変化が訪れる。

エヴァン役には舞台版でトニー賞を獲得したベン・プラットが、物語のきっかけを作る自殺してしまった高校生コナー役には舞台版でエヴァン、コナー、ジャレッドの代役を務めていたコルトン・ライアンが続投した。一方、そのほかのメインキャラクターには、エイミー・アダムスやケイトリン・デヴァー、アマンドラ・ステンバーグといった映画・ドラマ界で知られる役者陣が起用されている。

ジュリアン・ムーアもその1人だ。ムーアは主人公エヴァンの母親ハイディを演じており、終盤にはソロ曲「so big/so small」がやってくる。嘘をついに打ち明けたエヴァンを優しく包み込んだ同曲は、ムーア最大の見せ場となった。実は、30年以上のキャリアの中でムーアが挑んだことこそ、歌唱だったのだ。ムーアは「怖かった」と語る理由をE Onlineとの取材で明かしている。

最後に私が歌ったのは、高校生の時にやった『ザ・ミュージック・マン』です。すごく久しぶりだったので怖かったんです。

1984年、24歳の時にハリウッドでのキャリアをスタートさせたムーアだが、高校時代には演劇部に所属しており、のちにオフ・ブロードウェイ作品にも出演している。もっとも映画俳優となってからは、ムーアにとって「so big/so small」のような本格的な歌唱シーンの機会は訪れなかったようだ。

そんなムーアを支えた人物こそ、「so big/so small」では支えられる側を演じていたベン・プラットだったそう。ムーアは、プラットについて「彼は本当に真剣で、美しいパフォーマーです。彼と過ごす毎日が大好きでした」と語った。

『ディア・エヴァン・ハンセン』は公開中。

Source: E Online

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly