Menu
(0)

Search

『ディア・エヴァン・ハンセン』SZAが歌う「The Anonymous Ones」配信開始 ─ 本編歌唱シーンも先行公開

https://www.youtube.com/watch?v=FTPUZ-H8Qa0

第71回トニー賞®にて作品賞など6部門を受賞した傑作ブロードウェイ・ミュージカルを映画化したディア・エヴァン・ハンセンより、SZAが歌う「The Anonymous Ones」の先行配信がスタートした。本編より、アラナ・ベック役のアマンドラ・ステンバーグによる歌唱映像も公開されている。

「The Anonymous Ones」は、『ディア・エヴァン・ハンセン』のオリジナル・サウンドトラックに収録されている劇中曲のひとつで、主人公エヴァン・ハンセン(ベン・プラット)の同級生であるアラナ・ベック役のアマンドラ・ステンバーグが歌唱を務めている。原作舞台にはない映画オリジナルの楽曲で、『グレイテスト・ショーマン』(2017)『ラ・ラ・ランド』(2016)のベンジ・パセック&ジャスティン・ポールが新たに書き下ろした(アマンドラも共同作詞を担当)。アマンドラによるオリジナル・バージョン、SZAのカバー・バージョンともに先行配信がスタートしている。

本作のオリジナル・サウンドトラックは、配信版が全米公開日の2021年9月24日(金)に、国内盤が11月24日(水)に発売予定。サウンドトラックにはSZAのほか、キャリー・アンダーウッド&ダン+シェイ、サム・スミス、サマー・ウォーカー、フィニアスなど豪華ゲスト・アーティストによる劇中曲のカバー・バージョンを5曲収録。なお、キャリー・アンダーウッド&ダン+シェイによる「Only Us」はスタジオ映像が公開されている。

『ディア・エヴァン・ハンセン』

ディア・エヴァン・ハンセン
© 2021 Universal Studios. All Rights Reserved.

エヴァン・ハンセンは学校に友達もなく、家族にも心を開けずにいる。

ある日、自分宛に書いた「親愛なるエヴァン・ハンセンへ(Dear Evan Hansen)」から始まる手紙を、図らずも同級生のコナーに持ち去られてしまった。後日、エヴァンはコナーが自ら命を絶った事を知らされる。悲しみに暮れるコナーの両親は、手紙を見つけ、息子とエヴァンが親友だったと思い込む。思わず話を合わせてしまったエヴァンは、促されるままに“ありもしないコナーとの思い出”を語る。それは人々の心を打ち、SNSを通じて世界中に広がり、彼の人生は大きく動き出す……。

主人公のエヴァン・ハンセン役は、ミュージカル版でも主役を演じたベン・プラット。エヴァンが想いを寄せるコナーの妹、ゾーイ・マーフィー役を『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』(2019)のケイトリン・デヴァー、エヴァンの母親ハイディ役をジュリアン・ムーア、コナーとゾーイの母親シンシア役をエイミー・アダムスが演じる。監督は『ワンダー 君は太陽』(2017)『ウォールフラワー』(2012)のスティーヴン・チョボスキー。

映画『ディア・エヴァン・ハンセン』は2021年11月26日(金)より全国ロードショー

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly