Menu
(0)

Search

『アメイジング・スパイダーマン』ハリー役デイン・デハーン、「新しいことに挑戦したい」 ─ 『スパイダーマン』復帰訊かれ

アメイジング・スパイダーマン2
© 2014 Columbia Pictures Industries, Inc. and LSC Film Corporation. All Rights Reserved. Marvel, Spider-Man and all related character names and their distinctive likenesses: ™ & © 2014 Marvel Entertainment, LLC and its subsidiaries. All Rights Reserved.

アンドリュー・ガーフィールド主演、『アメイジング・スパイダーマン2』(2014)でハリー・オズボーン/グリーン・ゴブリン役を怪演し、俳優としての強烈な印象を放ったデイン・デハーンマーベル・スタジオが現在製作を進めている『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』に、グリーン・ゴブリンと並び悪役として登場したエレクトロ役のジェイミー・フォックスが再び出演することもあり、ファンの間ではデハーンの『スパイダーマン』復帰を望む声も少なくない。

それではデハーン自身、キャリアを一気に押し上げた『スパイダーマン』の世界に戻る意思はあるのだろうか。米Comicbookのインタビューにて、現在の心境を明かしている。

「『スパイダーマン』の世界に戻るか、もしくは他のフランチャイズ作品に参加するか」。この2択を迫られたデハーンは、「間違いなく新しいことを挑戦してみたいです」と答えている。2択の質問に対して明確な答えの提示を避けたデハーンだが、後者に興味が向いていることをやんわりと示している。

僕にとってワクワクするのは、常に新しいものを行うこと。そういったことが自分の人生で再びやって来ると思いますし、それが何なのかが楽しみです。

この言葉通り、これまでのキャリアを通してデハーンが一つの役を演じ続けることは、ドラマ作品を除いてはほとんどない。演じるキャラクターの幅についても、グリーン・ゴブリンのような型破りな犯罪者から『ディーン、君がいた瞬間』(2015)で演じた伝説的ハリウッド俳優ジェームズ・ディーン、『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』(2017)の宇宙捜査官まで広範にわたっている印象だ。また、俳優業のほかにモデルとしても活動している。

期待の声も大きいハリー・オズボーン役再演の噂については以前、デハーン本人が「事実ではありません」と一蹴している。このとき、「ああいう映画はまた作りたい。スーパーヒーロー映画とか、そういう世界観を作るのは好き」とも話しており、一度経験したジャンルを避けている様子では決してないようだ。そんなデハーンの最新作は、ホラー小説界の巨匠スティーブン・キング原作のドラマ「Lisey’s Story(原題)」。ミステリーの鍵を握る謎の青年を演じる。

あわせて読みたい
アメイジング・スパイダーマン™ アメイジング BOX
価格:¥23,619+税
発売・販売元:(株)ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
セルブルーレイBOX品番:BPBH-671

Source: Comicbook

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly