「グルーには愛が必要なんだ」 ― 大ヒット『怪盗グルーのミニオン大脱走』ストーリーのツボ

映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』は、今や日本で知らない者はいないほどの大人気キャラクター“ミニオンズ”の登場するシリーズ第3作だ。日本では2017年7月21日に劇場公開されるや、週末の映画ランキングで首位を獲得するロケットスタート。その圧倒的な人気と支持をうかがわせた。

そんな『怪盗グルー』シリーズの魅力は、なんといってもとにかくかわいいキャラクターたちが織りなすユニークなストーリーにある。第1作『怪盗グルーの月泥棒』(2010)からそのストーリーを生み出しているのは、シンコ・ポール&ケン・ドーリオの脚本家コンビだ。しかし二人は、シリーズがまさか3作目まで続くとは、スピンオフ作品『ミニオンズ』(2015)まで製作される人気シリーズになるとはまったく思っていなかったという。

いわば作り手にとっても予想外のヒットとなった『怪盗グルー』シリーズの物語を、二人はどのように広げていったのか? 世界中の観客の心をつかんだ「ストーリーのツボ」を教えてもらうことにしよう。

怪盗グルーのミニオン大脱走

(C) Universal Studios

シリーズのテーマは「グルーには愛が必要」

第1作『怪盗グルーの月泥棒』は、のちに『ペット』(2016)や『SING/シング』(2016)などヒット作を多数生み出すイルミネーション・エンターテインメントの長編映画第1作だった。いわば社運を賭けた挑戦にのぞんでいた、ポール&ドーリオをはじめとしたスタッフたちは、当時このように考えていたようだ。

もう1本映画を作らせてもらえますように、って願ってたよ。続編じゃなくてもいい、でも会社が映画を作らせてくれること、自分たちのやり方でまた映画を作れることを願っていたんだ。『月泥棒』がシリーズになるなんて考えたこともなかった」

ドーリオはこう話しているが、それでも『月泥棒』のストーリーには大きな自信があったという。「3人の少女と大悪党がお互いの人生を変えていくんだ。すごくいいストーリーだと思っていたよ」
のちにスタッフたちは、『月泥棒』のメガヒットを受けてユニバーサル・ピクチャーズから続編の製作を打診される。そこで二人は、第1作にシリーズを拡大するヒントが眠っていたことに気づいたというのだ。シリーズの2作目、3作目の展開をポールはこう説明する。

“あっ、グルーには愛が必要なんだ”って思ったんだ。彼は父親になって愛情のひとつを知った、だから別の愛情が必要だってね。そこで2作目の『怪盗グルーのミニオン危機一発』(2013)では、彼とルーシーが恋に落ちるんだ。3作目『ミニオン大脱走』も同じことだったよ。子どももいるし妻もいる、だけど彼がまだ知らない愛情がきっとあるはずだって。それが兄弟愛だった」

3作目『ミニオン大脱走』には、グルーの生き別れた双子の弟・ドルーが登場する。そう、『怪盗グルー』シリーズとは、孤独だったはずのグルーが少しずつ家族と出会っていく物語なのだ。

怪盗グルーのミニオン大脱走

(C) Universal Studios

ちなみに、「一度続編が決まると、あらゆる可能性が開けてきた」と語る二人は、ミニオンズのストーリーにも今では無限の可能性を感じているという。

「『ミニオン大脱走』で最初にひらめいたアイデアのひとつが、“ミニオンズが刑務所に入る”ってことだったんだ。すごく楽しいと思ったよ(笑)。脚本家としてミニオンズを少しの間閉じ込めてみたかったのさ。きっとオリの中でもいい仕事をしてくれるってね」

すでに全世界で大ヒットしている第3作を受けて、おそらくシリーズ第4作も製作されることになりそうだ。ここからグルーの物語は、そしてミニオンズの活躍はどう広がっていくのか……。まだ『ミニオン大脱走』を観ていない人は、その最新形をぜひ確かめてみてほしい。

映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』は、2017年7月21日より全国公開中

Source: http://directconversations.com/2017/06/30/interview-despicable-3-scribes-cinco-paul-ken-daurio/
(C) Universal Studios

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。