「僕らはいつ成長する?」50年の時を超え、二人の歌声が交差する ─ 映画『デトロイト』珠玉の「Grow」ミュージック・ビデオ

これからお見せする約4分間の映像は、映画『デトロイト』鑑賞前と鑑賞後とでその感動が大きく変わるものだ。

徹底したリアルな描写による圧巻の臨場感、先が読めない骨太でスリリングなストーリーテリングで知られる、キャスリン・ビグロー監督最新作『デトロイト』は、1967年7月23日に起きたアメリカ史上最大級の<デトロイト暴動>渦中に起こった「アルジェ・モーテル事件」を描き出す。


このアルジェ・モーテル事件で人生が一変してしまうボーカルグループ「ザ・ドラマティックス」のラリー・リード本人と、ラリーを演じた俊英アルジー・スミスが夢の競演を果たしたミュージック・クリップが公開となった。

このミュージック・クリップでは、事件の被害者の一人、地元出身のボーカルグループ「ザ・ドラマティックス」のリード・シンガー、ラリー・リードをフィーチャーする。モータウンサウンドで知られるデトロイトの音楽の殿堂フォックス・シアターでのデビューを目前にしていたラリーは、暴動発生で人生が一転、混乱を避けるために向かったアルジェ・モーテルで、想像を絶する悪夢の体験に晒された。

映画『デトロイト』で、アルジェ・モーテル事件に夢と希望を奪い去られたラリー・リードの悲劇は大きく描かれる。あの事件から50年、こうしてひとつの夢を果たしたラリーが何かの意志に導かれるようにしながら若き才能と歌声を交わし合う本映像は、『デトロイト』鑑賞後に是非もう一度ご覧頂きたい。『デトロイト』の重厚な文脈を経て、格別の意味合いを帯びた4分間に生まれ変わるはずだ。

50年を超えて

ラリーを演じてNAACP(全米有色人種地位向上協会)賞主演男優賞にノミネートされた注目の俳優アルジー・スミスは、「『Grow』のレコーディングをしている最中に、僕が演じるラリー・リード氏が入って来た。それで彼に参加してもらうことになった」と、50年の時を越えてラリー・リード氏との奇跡の共演が実現した経緯を説明する。そして、父親のピアノ伴奏でのレコーディングは最高の体験だったと目を輝かせる。映像では、肩を抱き合うラリーとアルジーは満面の笑顔を披露している。アルジーは「ラリーは50年前に奪われた夢を果たすことができた。何百万人もの心に届く歌をやっと歌うことができた。チャンスは必ず巡ってくる」と力強い尊敬の言葉で結んでいる。

デトロイト

※プレミアに登場したラリー・リード氏(帽子)とアルジー・スミス。右は脚本のマーク・ボール
© 2017 SHEPARD DOG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

そして、ラリー・リードとアルジー・スミスの夢の共演が始まる。その詩は、暴動の舞台となった悲劇の街デトロイトに生まれた黒人青年の心の叫びと嘆きを、「Grow」=「成長する」という希望の言葉に託している。「本来、人は皆平等であるはず。でも分かってる。僕らのような人間にとってはそうではないんだ」と、今もアメリカ社会に大きく横たわる現実を投げかける。自分たちがどこに向かうのか、そして、成長することは叶うのかと、歌い上げるクライマックスには、誰もが心を揺さぶられるに違いない。歌いきったラリー・リードが「最高の気分だ」と微笑むその姿には、どんな苦難に直面しても、決して夢を諦めることなく歌い続けた男の生き様が浮かび上がる。

『デトロイト』が描くのは、1967年に起きた白人警官による黒人たちへの理不尽で暴力的な尋問と、3人もの若者を銃殺したという蛮行、そしてその後の加害者と被害者たちがたどった人生だ。この映画は今のアメリカ、そして世界の今を照射する。暴動発生から50年の歳月を経ても尚、白人警官による黒人に対する虐待は繰り返され、今も変わらない現実が日々繰り返されている。
「映画の目的が変化を求めて闘うことなら、そして人々がこの国(米国)の人種問題に声を上げる用意があるなら、私たちは映画を作る者として、喜んでそれに応えていく。この映画が、少しでも人種に関する対話を促すための役に立つこと、そしてこの国で長きにわたって根強く残っている傷を癒すことができることを願っている」と語るキャスリン・ビグロー監督の熱いメッセージは、アルジーも作詞に参加したこの書き下ろし曲の「Grow」に込められている。

デトロイト

© 2017 SHEPARD DOG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ジョン・ボイエガ、ウィル・ポールター、アンソニー・マッキー、そしてアルジー・スミスを始めとする若き俳優たちの即興的な演技を引き出し、まるで現場にいるかのようなリアルタイム感覚でアルジェ・モーテル事件を体感させるキャスリン・ビグロー監督の演出手腕が冴え渡る。観客にまばたきさえも許さない、映画史に深く刻まれる衝撃の40分間を体感し、アルジーとラリーが歌う「Grow」に耳を傾けることで、映画でしか体験できない感動を胸に刻もうではないか。

 

デトロイト

© 2017 SHEPARD DOG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

Grow 日本語歌詞

欺きの街で育ち見る目も失った
サイレンの音が大きくなってきた
そうさ、感じてくれ
よりによってなぜ ここが僕の居場所なのか
自分が嫌いだった 違う自分になりたかった

信じてくれ 本来 人は皆 平等であるはず
でも分かっている 間違いなくね
僕らのような人間にとっては そうではないんだ
こころが泣き叫んでいる
つらいんだ つらいのさ
僕らは いつ成長するのか

内面を磨くんだ
本来 人は皆 平等であるはず
でも分かってる 分かってる
僕らのような人間にとっては そうではないんだ

心が泣き叫んでいる
知りたいんだ どこへ向かうのか?
一体どこへ?
僕らはいつ成長するのか
どうか教えてくれ
心の中では分かっている
本当は知っているのさ
分かってる そうさ 分かってる
心の底で知っているのさ
成長したい
いつ成長できるのか
どこまで行けるのか

映画『デトロイト』は2018年1月26日(金)、TOHOシネマズ シャンテ他全国公開。

© 2017 SHEPARD DOG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

About the author

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。