Menu
(0)

Search

「ゲーム・オブ・スローンズは人生」 ― ティリオン役ピーター・ディンクレイジ、撮影終了と自身の結末を語る

ピーター・ディンクレイジ
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/9350749118/

世界的人気を誇るドラマシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」(2011-)が、2019年をもって完結を迎える。製作・放送の米HBO局は、最終シーズンとなる第八章を2019年前半に米国にて放送する見込みだ。

本シリーズからは多くの俳優がブレイクを果たしたが、とりわけ大きな注目を集めたのがティリオン・ラニスター役のピーター・ディンクレイジだろう。『スリー・ビルボード』(2017)や『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)といった話題作に連続して出演、今後も出演作品の公開や放送をいくつも控えている。
このたび、すでに「ゲーム・オブ・スローンズ」の全撮影を終えたピーターが、米Vultureにて現在の心境を語った。

ピーター・ディンクレイジ
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/9350749118/

「ゲーム・オブ・スローンズ」の撮影は、2010年から断続的に、しかし相当の時間を費やして行われてきた。主人公の一人であるティリオン役のピーターも、かなり長い時間をかけて作品と役柄、出演者やスタッフに向き合ってきたわけである。ともにシリーズを作ってきた仲間たちとの別れを、ピーターはどのように体感したのだろうか。

「撮影の最終日はあっけないものでしたね」。物語の時系列に沿って撮影が行われないゆえだろう、ピーターはこのように語っている。どうやら、ティリオンを演じる最後の日に見せ場のシーンを撮るようなことはなかったようだ。

「ただ、“ピーター・ディンクレイジさん、撮影終了です”って。でも最終日は、あっけなかったのと同じくらい、うれしくもあり、また悲しくもありました。僕の大好きな人たちがたくさん現場に来てくれて。(その日)仕事のなかった人ですら現場にいて、すごくうれしかったですよ。
ほかの出演者が撮影を終えた時、僕もそうしようと努めていました。さよならを言うため、みんな現場に行くようにしていたんです。すごくつらいですよ。その人や役柄の名前は言いませんけど、ある若い出演者の一人が撮影を終えた時、みんなボロボロになっちゃって。この作品で成長してきた人なので…わかるでしょ? 子どもだったのが、今では大人になって、そして撮影を終えていく。その人が、自分の子どもの頃に別れを告げるのを見ているようでした。ゲーム・オブ・スローンズはただのテレビ番組じゃない。カッコつけますけど、僕たちの人生なんです。」

むろん、シリーズを去るのは若い俳優たちだけではない。「ゲーム・オブ・スローンズ」が完結を迎える以上、ピーターは自身の演じるティリオンの物語もすでに演じ終えているわけだ。「ティリオンの結末をどう感じていますか?」という質問に、ピーターは言葉を選びながら応じている。

「僕はすごく……いい言葉を探してるんですけど、すごく良い結末をもらったと思ってます。でもなんにせよ…死ぬことが最高の結末だってこともありえますからね。」

ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」最終シーズン(第八章、副題未定)は2019年米国放送予定。

Source: Vulture
Eyecatch Image: Photo by Gage Skidmore

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly