Menu
(0)

Search

『魔法にかけられて』続編、75人のダンサーによるミュージカルナンバーに期待 ─ 集合写真が公開

Disenchanted
https://www.instagram.com/p/CPv0KPrj9PL/

ディズニー映画『魔法にかけられて』(2007)の続編映画『Disenchanted(原題)』では、大掛かりなミュージカルシーンに期待できそうだ。監督を務めるアダム・シャンクマンが予告している。

『魔法にかけられて』は、アニメーションと実写が融合したファンタジー・ラブコメディ。続編では、前作から15年後を舞台にジゼル姫の“現在”が描かれる。キャストには、ジゼル姫役のエイミー・アダムスほか、ロバート役のパトリック・デンプシーやエドワード王子役のジェームズ・マースデン、ナンシー役のイディナ・メンゼルが揃って続投。現在は撮影が実施されている。

そんな中、シャンクマン監督が本作を待ちわびるファンに嬉しい予告をInstagramで行ってくれている。新しい投稿で「僕の仕事の何が楽しいかって?ディズニー・スタジオ&ディズニープラスの映画に75人のダンサーを雇って、彼らがフェイスマスク無しでリハーサルしているところを見ることです。彼ら全員のダンスに心を奪われます」と綴ったシャンクマン監督。「彼らの美しい作品をシェアできることが楽しみで仕方ありません。#Disenchanted」と興奮を伝えている。

この投稿をInstagramで見る

Adam Shankman(@adamshankman)がシェアした投稿

『魔法にかけられて』といえば、劇中のところどころでやってくるミュージカルシーンが見どころのひとつ。中でもセントラルパークでジゼル姫が歌った「想いを伝えて(That’s How You Know)」のシーンでは大勢のダンサーが登場し、フラッシュモブを披露。ジゼル姫のパフォーマンスを彩った。

また続編では、前作で歌唱シーンが登場しなかったナンシー役のメンゼルやロバート役のデンプシーが「歌い踊る」ことも判明している。ダンサーとしての長いキャリアを持つシャンクマン監督は『ヘアスプレー』(2008)や「glee/グリー」(2009-2015)を手がけた人物でもあるから、続編でのミュージカルシーンには大いに期待できそうだ。

オリジナルキャストに加えて新キャストには、悪役を演じるマーヤ・ルドルフや、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)のイベット・ニコール・ブラウン、「glee/グリー」のジェイム・メイズ、「サム・アセンブリー ティーンエイジャーCEO」(2014-2016)のコルトン・スチュワート、「ジ・オフィス」(2005-2013)のオスカー・ヌニェスが名を連ねている。ロバートの心優しい一人娘モーガンも成長した姿で帰ってくる。演じるのは、前作のレイチェル・コヴィーに代わって、新鋭女優ガブリエラ・バルダッチノ。

あわせて読みたい

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly