Menu
(0)

Search

『インターステラー』マッケンジー・フォイ主演、ケイト・ウィンスレットが馬の声務めるリメイク版『黒馬物語』米Disney+で配信へ

Mckanzie Foy マッケンジー・フォイ Kate Winslet ケイト・ウィンスレット
A Photo by Andrea Raffin https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Kate_Winslet_by_Andrea_Raffin.jpg |A Photo by Georges Biard https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Mackenzie_Foy_Cannes_2015.jpg|Remixed By THE RIVER

『愛を読むひと』(2008)などのケイト・ウィンスレット、『インターステラー』(2014)などのマッケンジー・フォイ共演の新作映画『Black Beauty(原題)』が、ディズニーの配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」にて配信されることがわかった。米Disney+が発表している。

イギリス出身の女流作家アンナ・シュウエルによる原作小説『黒馬物語』(いずみ書房ほか)は、これまでに幾度も映像化されている。1994年には『シザーハンズ』(1990)脚本などで知られるキャロライン・トンプソンが監督を務めた『ブラック・ビューティー/黒馬物語』が製作された。

2018年5月に初報が伝えられた本作では、アメリカ西部の地で生まれた馬ブラックビューティー(ウィンスレット)と、両親を亡くした17歳の少女ジョー(フォイ)の間に生まれる絆が描かれる。悲しみに暮れるジョーは、捕らえられて家族から引き離されてしまったブラックビューティーと出会い、それまでの人生に変化が訪れることになる。

ウィンスレット、フォイほか共演者に、「ゲーム・オブ・スローンズ」(2011-2019)イアン・グレン、『ジョー・ブラックをよろしく』(1998)クレア・フォーラニが参加している。監督・脚本を務めるのは、『デザート・ストーム』(2016)などで知られるアシュリー・エイビス。製作には、『バイオハザード』シリーズやハリウッド版『モンスターハンター』(2021年米公開予定)などのジェレミー・ボルト、ロバート・クルツァーらが参加している。米配信日は決定していないが、2020年後半を目指しているとのこと。

2019年11月にアメリカにてサービス開始となったDisney+は、過去のディズニー関連作品の配信に加えて、「マンダロリアン」(2019-)などオリジナル・コンテンツの製作に力を注いでいる。本作同様に動物を主人公もしくはメイン・キャラクターとする映像作品としては、『トーゴー』(2019)や『名探偵ティミー』(2020)などが既に配信された。ほか今後にはアンジェリーナ・ジョリー、ブライアン・クランストン共演、ゴリラが主人公のアドベンチャー作品『The One and Only Ivan(原題)』などが控えられている。

あわせて読みたい

Source: Disney+, Deadline

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly