Menu
(0)

Search

ディズニーと21世紀フォックスの事業統合は「ほぼ完了」 ─ 買収のキーパーソンが語る

ディズニー

ウォルト・ディズニー・カンパニーと21世紀フォックスの事業統合は、2018年12月現在、ほぼ完了状態にあるという。ディズニー側のキーパーソンが米The Hollywood Reporterに語った。

2018年6月、ディズニーは21世紀フォックスの映画事業(20世紀フォックス)やテレビ事業(FOX ネットワークスなど)をはじめとする複数事業を713億ドル(7兆8,430億円※1ドル110円換算)で買収することでフォックス側との最終合意を得た。翌7月には、両社の株主から承認を受けている。

このたびインタビューに応じたのは、ディズニー&フォックスが事業統合について初めて発表した2017年12月当時、ディズニー側の最高戦略責任者を務めていたケヴィン・メイヤー氏だ。買収交渉の最前線に立った人物で、現在はディズニーの新ストリーミングサービス「Disney+」をはじめ、プラットフォームやテクノロジー、流通などを世界規模で統括。フォックスとの事業統合について、メイヤー氏は現状をこう語っている。

「この取引を成立させるため、夜も眠れないんですよ。でも、ほとんど終わりました。ほとんど完了です。実現に向けて一生懸命にやっていますし、(「Disney+」などの)サービスをお届けすることに熱心なんですよ。緊張しているというより、むしろ気持ちが高ぶっていますね。」

既報によれば、ディズニーとフォックスの事業統合は2019年の前半に完了予定だという。このたびThe Hollywood Reporterも、統合は海外の規制当局による承認を待っている状況だと記した。すなわち実際のところ、両社の内部的な手続きは現時点で「ほとんど完了」しているのかもしれない。以前フォックス側も、ディズニーの買収を受けない事業で構成される新企業New Foxの準備を年内に終える方針を明らかにしていた。

なお統合を控えて、20世紀フォックスは映画の公開スケジュールを大幅に組み替えるなどの措置を図っている。統合後も20世紀フォックス、フォックス・サーチライト・ピクチャーズ、FOX2000というブランドは存続されるが、いずれ各ブランドの作品はディズニーが配給・広報を統括することになる。なお一部報道によれば、ディズニーが配給するフォックス作品の第1弾は『X-MEN:ダーク・フェニックス』になる可能性があるという。

2018年も終わりに向かう中、ディズニーと21世紀フォックスの事業統合は完了に向けて突き進み、同時にNetflix製作のマーベル原作ドラマは相次いで終了が発表されている。ディズニーをめぐる一連の動きが業界全体にいかなる影響をもたらすのか、その結果は2019年半ば以降、時間をかけて明らかになることだろう。

Source: THR

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly