Menu
(0)

Search

ディズニー新作映画、米劇場公開作の配信スルーを検討

ディズニー

米ウォルト・ディズニー・カンパニーは、今後発表予定の映画作品一部を、劇場の代わりにストリーミング配信サービス「Disney+」にて配信することを検討しているという。同社取締役会長のロバート・アイガー氏が、米Barron’sとのインタビューで明かしている。

新型コロナウイルスの影響により、劇場公開を予定していた作品の延期が続々と発表される中、2020年5月29日に公開予定だった映画『アルテミスと妖精の身代金』には、Disney+での配信という異例とも言える措置が下されていた。映画部門の現状について尋ねられたアイガー氏は、「『アルテミスと妖精の身代金』の後に発表される作品に関しては、何本かが直接Disney+での配信公開になるかもしれません」と述べている。アイガー氏は具体的な作品名への言及は避けているものの、現在、無期限の公開延期となっているマーベル映画『ニュー・ミュータンツ』などは、ストリーミング配信での公開の可能性も十分に考えられるだろう。

一方、大作映画についてアイガー氏は、「単純に枠が空くのを待つ事になると思います。すでに発表されているものもありますし、後にカレンダーに載る場合もありますね」と発言している。アイガー氏の言う通り、『ブラック・ウィドウ』など、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品は、今回の延期を受けて、全て1本ずつ公開スケジュールが繰り下げられた。また、ドウェイン・ジョンソン主演の『ジャングル・クルーズ』については、延期発表作品の中では最長となる2020年7月24日から2021年7月30日への米国公開延期が発表されている。

現時点で、ピクサー作品『ソウルフル・ワールド』、20世紀スタジオによる名作ミュージカルの再映画化『ウエスト・サイド・ストーリー(原題)』、サーチライト・ピクチャーズ作品『The Last Duel(原題)』の米公開予定については、それぞれ6月19日・12月18日・12月25日から変更されていない。

Source:Barron’s

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly