『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』デル・トロ演じる「DJ」名の意味が判明

スター・ウォーズ/最後のジェダイ』に、名優ベニチオ・デル・トロが「DJ」のコードネームで出演すると発表されて以来、ファンは同役について様々な想像を巡らせてきた。そんな中、2017年9月1日の『Force Friday Ⅱ』で解禁された『最後のジェダイ』関連商品のひとつは、DJの謎をひとつ解き明かすこととなった。

注意

この記事には、『スターウォーズ/最後のジェダイ』のネタバレになりうる情報が含まれている可能性があります。

デル・トロ演じるDJは、そのほとんどが謎に包まれていた。Entertainment Weeklyが明かしていた情報によれば、DJは「謎めいた人物で、すり切れた服と無気力な態度には、尖った心とエキスパート・スキルが隠れている」そうで、フィン役のジョン・ボイエガの口からは「暗号解読者(=スライサー)」であるとの事実が明かされていた。ライアン・ジョンソン監督は以前Vanitiy Fair誌にて、「”DJ”と呼ぶのには理由があるんだ、いずれわかるよ」と意味深な発言を残していた。

その名の「理由」が隠されていたのは、『Force Friday Ⅱ』で解禁された関連商品のひとつだ。Funko社の人気フィギュアシリーズ「POP!」では、DJが乱れた髪の上に被っているハットに、スター・ウォーズの世界の言語である「オーラベッシュ」の文字が刻まれている。これをアルファベットに置き換えると“Don’t Join”と読めるのだ。商品画像は、Entertainment Weeklyで確認できる。

DJについてジョン・ボイエガは、「(ファースト・オーダーとレジスタンスの)どちら側にも付かない男」とし、「(戦争の中で)儲けを作ろうとしている。まったく信用ならない男ですよ」と紹介。ローズ役で共演のケリー・マリー・トランは「彼のキャラクターとセットにいる時、虎と一緒にいるような気分でした。常に注視していなければいけないという。いつ、何をしでかすかわからない、まるで動物でした」と振り返っている。

敵でも味方でもない、謎の男DJは、なぜ「Don’t Join(=加わってくれるな)」などという意味深なメッセージを伝えようとしているのだろうか。スター・ウォーズ公式アプリのARキャンペーン『Find The Force』が明かした所によれば、DJはマズ・カナタと縁があり、フィンとローズをカジノの街カント・ブライトへ送り届けるそうだが…。

映画『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』は2017年12月15日公開。

About the author

インド旅行中、たまたま現地新聞に写真を撮られて掲載されるというミラクルを起こしました。持ってる男。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。