Menu
(0)

Search

『僕のワンダフル・ジャーニー』9月公開決定 ─ 前作『僕のワンダフル・ライフ』から2年、愛犬ベイリーの“生まれ変わり”再び

僕のワンダフル・ジャーニー
© Universal Pictures and Amblin Entertainment. All Rights Reserved.

もしも、かつて愛した犬や猫たちが、自分にもう一度会うために、生まれ変わってきてくれたなら——。

自分の命を救った少年イーサンに会いたい一心で何度も生まれ変わる犬のベイリーの想いと、運命の再会を果たした愛犬と飼い主が紡ぐ極上のストーリーで大きな感動を呼んだ『僕のワンダフル・ライフ』(2017)から2年。待望の続編『A DOG’S JOURNEY(原題)』が、邦題『僕のワンダフル・ジャーニー』として2019年9月に日本公開される。

犬のベイリー、さらなる生まれ変わりの旅路

前作では50年間で3度生まれ変わり、ようやく飼い主イーサン(デニス・クエイド)と再会を果たした犬のベイリーは、イーサンの妻ハンナ(マージ・ヘルゲンバーガー)と共に農場で幸せな人生を過ごしていた。しかし、その生活にも新たな問題が発生する。新たな家族の一員でありイーサンの可愛い孫娘CJを、ママであるグロリア(ベティ・ギルピン)が連れて出て行ってしまったのだ。

イーサンとハンナの哀しむ姿を見たベイリーは、いまの“犬生”を終えたのち、再び生まれ変わってCJを見つけ出し、どんな犠牲を払ってでも彼女を守ることをイーサンと約束する。新たな使命を見つけたベイリーは、喜び、笑い、時に傷つきながらも、CJを守り抜き、イーサンと家族にもう一度幸せを届けるため、愛する人々を導いて家族の絆をつないでいくのだった。愛と友情と献身に満ちた旅路の結末で、きっと大切な誰かを思い出すことだろう。

『HACHI 約束の犬』(2009)などで“犬映画の名手”として知られる、前作を手がけたラッセ・ハルストレム監督は本作で製作総指揮を担当。愛犬が家族の一員であることを改めて思わせてくれる一本に仕上げた。ベイリーの新たな“犬生”を通して描かれる、犬と人間のラブストーリー、愛犬がつなぐ家族の絆を劇場でじっくりと見つめてほしい。

映画『僕のワンダフル・ジャーニー』は2019年9月全国ロードショー

『僕のワンダフル・ジャーニー』公式サイト:http://boku-wonderful.jp/

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly