『スター・ウォーズ』ハックス将軍役、出演を断りかけていた ─ 「飲みにすらいけなかった」

スター・ウォーズ。世界中でカルト的人気を誇る同シリーズは多くの人々にとっての憧れであり、もしも何らかの形で携わることができればそれは夢のような出来事だ。しかし、あまりに完成されきったスター・ウォーズの世界に新たに出演者として加わるとなると、そのプレッシャーの重さは並ではないだろう。

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で新キャラクターとして登場したハックス将軍を演じたドーナル・グリーソンも、やはりオファーを受けた際はかなり動揺したという。この度ドーナルがRatio Timesに向けて語ったインタビューでは、出演オファーを一度は断りかけた事実を明かしている。

「なぜ私は断ろうと考えたんだろう。多くの人にとって名声は最終目標ですけど、私はそうでもないんです。有名になってしまうことで、自分の人生が決まってしまうことを心配していました。」

ドーナルが心配していたように、『フォースの覚醒』の公開で生活が少し変わってしまったという。その変化を実感したのは、これまでの些細な日常が制限されてしまったことだった。

「数ヶ月間のうちは大変でした。しばらくの間は、友達と出かけて飲みに行くことすら難しかった。しんどかったですね。」

有名になることに執着を見せないドーナルだが、『フォースの覚醒』以降もメジャー作品に次々と出演を果たしている。2017年10月21日より公開の『バリー・シール アメリカをはめた男』ではトム・クルーズとの共演を果たし、「くまのプーさん」の誕生を描く『グッバイ クリストファー・ロビン(仮題、原題:Goodbye Christopher Robin)』では作者のA・A・ミルン役で主演を果たす。スター・ウォーズ以前には、『エクスマキナ』(2015)への出演や『ハリー・ポッター』シリーズのビル・ウィーズリー役としてもお馴染みだ。

ちなみに、スター・ウォーズに出演することで生じる多大なプレッシャーは、他のキャストも隠していない。カイロ・レン役のアダム・ドライバーは、自分自身がキャストに加わった『フォースの覚醒』がプレミア上映される際には「胃が痛くて吐きかけた」と振り返っており、まともに観られるようになるまでは「時間がかかった」と語っている。

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は2017年12月15日公開。

Source:http://www.radiotimes.com/news/2017-09-29/star-wars-domhnall-gleeson-star-wars/
http://www.starwarsunderworld.com/2016/11/adam-driver-describes-seeing-force.html
Photo by Gage Skidmore ( https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/19673399772/ )

About the author

インド旅行中、たまたま現地新聞に写真を撮られて掲載されるというミラクルを起こしました。持ってる男。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。