Menu
(0)

Search

『ドント・ブリーズ』続編、米公開日が2021年8月に決定

Stephen Lang スティーブン・ラング
Photo by Gage Skidmore https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Stephen_Lang_(5977205107).jpg

極限のソリッド・シチュエーション・スリラー『ドント・ブリーズ』(2016)続編映画(タイトル未定)の米公開日が、2021年8月13日に決定した。製作の米ソニー・ピクチャーズが発表している。

前作『ドント・ブリーズ』では、金銭に困った若者3人が大金を隠しているという盲目の老人宅に忍び込んだことから、その家に暮らす元軍人の異常者に逆に追い込まれていくストーリー。既報によれば、続編の舞台は前作から数年後になり、何年も小屋に隠れ住んでいた盲目の老人は、孤児の少女を育てることになるという。ところがある日、少女が誘拐されてしまう。助けに行くことを決めた老人は、その穏やかな生活に終止符を打つことになり…。

コロナ禍の影響で延期されていた撮影は、2020年8月中旬よりセルビア・ベオグラードにて開始。10月上旬には、主演のスティーブン・ラングが自身の撮影終了を報告していた。なお、ラング以外の出演者情報は明らかになっていない。

前作の脚本・監督を務めたのは、リメイク版『死霊のはらわた』(2013)や『蜘蛛の巣を払う女』(2018)のフェデ・アルバレス。監督には『死霊のはらわた』『ドント・ブリーズ』でアルバレスと共に脚本を担当したロド・サヤゲスが就任している。サヤゲスは本作で監督デビューとなる。続編の脚本はアルバレスとサヤゲスが共同で執筆。プロデューサーにはアルバレスのほか、前作からサム・ライミ、ロバート・タパートが参加している。

あわせて読みたい

Source: Variety

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly