Menu
(0)

Search

『ドント・ブリーズ』続編、脚本は完成済み ― いまだ企画段階、実現可能性は不明

スティーブン・ラング
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/5977208651/

元軍人である盲目の老人とティーンエイジャーが密室の極限下で激突する、衝撃のソリッド・シチュエーション・スリラー『ドント・ブリーズ』(2016)。同作で脚本・監督を務めたフェデ・アルバレスによると、すでに続編の脚本は完成しているという。米MovieWebのインタビューにてアルバレス監督が明かした。

『ドント・ブリーズ』続編については、老人役を演じたスティーブン・ラングが企画の存在を2018年1月に語って話題を呼んでいた。前作プロデューサーのサム・ライミによれば「最高のアイデア」だったというが、その進捗状況は不明だった。

『ドント・ブリーズ』続編、いまだ企画段階

アルバレス監督は、以前『ドント・ブリーズ』続編と、自身が監督を務めたリメイク版『死霊のはらわた』(2013)続編のどちらを希望するかというアンケートをTwitterで実施していた。その際、多くのファンが『死霊のはらわた』続編を選択。この結果について監督は「『ドント・ブリーズ2』に勝ってほしかったんですよ、僕自身の作品なので」と振り返っている。

ただしアルバレス監督によると、『ドント・ブリーズ』続編も『死霊のはらわた』続編も現時点(2018年11月5日)ではアイデアの段階にすぎず、なんらかの情報を正式に発表することはないという。一方で『ドント・ブリーズ』続編については、すでに脚本が完成しているようだ。

「『ドント・ブリーズ2』は脚本があるんです。それが唯一の違いですね、『死霊のはらわた2』は脚本がないので。『蜘蛛の巣を払う女』が終わったら、(『ドント・ブリーズ2』を)実現する方法を考え始めるつもりです。僕が監督するか、プロデュースするかです。どれだけ時間があるかによりますね。」

アルバレス監督は『ドラゴン・タトゥーの女』(2011)の続編である『蜘蛛の巣を払う女』(2019年1月11日公開)を手がけているため、2019年初頭までは『ドント・ブリーズ』続編に着手できない状況とみられる。ちなみにアルバレス監督によると、続編は前作とは大きく異なるアプローチの「まるで違った続編」になるということだ。

Source: MovieWeb

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly