Menu
(0)

Search

「ウォーキング・デッド」リック役アンドリュー・リンカーン、映画版でシリーズ続投へ ― ドラマはシーズン9で卒業

ウォーキング・デッド
Norman Reedus as Daryl Dixon, Alanna Masterson as Tara Chambler, Chandler Riggs as Carl Grimes, Andrew Lincoln as Rick Grimes - The Walking Dead _ Season 7, Episode 8 - Photo Credit: Gene Page/AMC

人気ドラマ「ウォーキング・デッド」(2010-)をシーズン9で卒業するアンドリュー・リンカーンが、シリーズの製作・放送を務める米AMC局の企画する映画版『ウォーキング・デッド』(タイトル不明)に同じくリック・グリムス役で出演することがわかった。米Deadlineなど複数のメディアが報じている。

今回の報道によると、アンドリューは映画版『ウォーキング・デッド』シリーズの複数作品に出演する契約を結んだとのこと。映画版シリーズにはアンドリューが出演するほか、「ウォーキング・デッド」および「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド」(2015-)に携わっているチーフ・クリエイティブ・オフィサーのスコット・M・ギンプル氏が脚本を担当。リック・グリムスの物語はスクリーンで続いていくことになる。なお、映画版第1作の製作は早ければ2019年にも始まるという。

「ウォーキング・デッド」の映画化については、2018年9月下旬に複数の企画が存在することが報じられており、新作テレビシリーズの構想も存在するといわれていた。10月上旬には、スコット氏が重大発表を控えていることも示唆していたのである。この重大発表こそ、おそらく今回の映画版『ウォーキング・デッド』製作発表、そしてアンドリューのシリーズ続投だったとみられる。

スコット氏は今回の発表に際して、映画版『ウォーキング・デッド』を「長編ならではの視野とスケールによる巨大な革命」と呼び、「リック・グリムスの今後の物語、その第一弾に着手しています」と明言。シリーズでいまだ描かれていない世界や物語の過去とともに、新たなキャラクターも扱っていく方針を語った。「同じ世界観のなかで、新たな独自の物語によって地平を切り拓きたい」とスコット氏は現在の展望を明かしている。

なおトーク番組「トーキング・デッド」において、アンドリュー本人はシリーズの卒業について「終わりの始まりではなく、始まりの終わりなんです」とコメント。さらに広い視野をもって、より大きな物語を描くことに強い関心を抱いていると述べている。

シリーズのファンに大きな衝撃をもたらしたアンドリューの「ウォーキング・デッド」卒業は、シリーズの再編や拡大を目的としたポジティブな転換だったようだ。ちなみにアンドリューは、自身の最終シーズンとなったシーズン9に続いて、シーズン10では監督として再登板する見込み。アンドリューとリック・グリムズ役、そして「ウォーキング・デッド」の関係性はまだまだ終わりそうにない。

映画版『ウォーキング・デッド』(タイトル未定)の公開時期は不明

Source: Deadline

 

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly