完全にトニー・スターク…!ロバート・ダウニー・Jr.、人工知能を探求するドキュメンタリーを製作&出演 ― YouTube Redにて配信

映画『アベンジャーズ』『アイアンマン』シリーズで、天才科学者トニー・スターク/アイアンマン役を演じている俳優ロバート・ダウニー・Jr.が、人工知能をテーマとした新ドキュメンタリー・シリーズの製作を手がけることがわかった。ロバートは自ら番組のホストとナレーションを務める。米Variety誌など複数のメディアが報じた。

ロバートと妻のスーザン・ダウニーによる「チーム・ダウニー」などが製作を務める新ドキュメンタリー・シリーズ(タイトル未定)は、YouTubeが米国にて展開する有料サービス「YouTube Red」にて2019年に配信予定。
シリーズは「人工知能」を共通のテーマに、各1時間の全8エピソードで構成される。ホストを務めるロバートのほか、人工知能の研究者をはじめ、科学、哲学、テクノロジー、工学、薬学、未来学、そしてエンターテインメントやアートの専門家が登場。それぞれの視点から人工知能が与える影響を探り、いかに人々の生活や仕事を人工知能が変えていくのか、現在と未来の両面から掘り下げていく。


本作を手がけるにあたって、スーザン・ダウニーは「ロバートと私は、人工知能という複雑で時に評価の分かれるテーマについて好奇心を抱いてきました。私たちの目的は、客観的に、かつ接近して人工知能を掘り下げること。それも徹底的に、大胆に、派手に、楽しくやることです」と述べている。

2008年『アイアンマン』をきっかけにハリウッドのトップスターとして完全復活を果たしたロバート・ダウニー・Jr.は、その成果を活かして新たな分野へと踏み出そうとしている。もはや「完全にトニー・スターク」というべき仕事ぶりだが、そのパブリックイメージを活かして他分野に影響を与える試みこそ、ロバートがこの10年間で到達した高みといってもいいだろう。

ロバート・ダウニー・Jr.製作、人工知能をテーマとしたドキュメンタリー・シリーズ(タイトル未定)はYouTube Redにて2019年配信予定

Source: Variety
Eyecatch Image: Photo by Gage Skidmore

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。