Menu
(0)

Search

デッドプールとウルヴァリン、どうして再共演できないの?「ヒュー・ジャックマンが…」ライアン・レイノルズ、ボヤく

ライアン・レイノルズ
[左]https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/19569352488/ [右]https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/9355825279/ Photo by Gage Skidmore Remixed by THE RIVER

公私ともに親交が深いことで知られる、ウルヴァリン役のヒュー・ジャックマンデッドプール役のライアン・レイノルズ
コミック映画ファンが待望している二人の再共演だが、その関係は『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』(2009)に端を発する。同作で二人はウルヴァリンとデッドプールとしての共演を果たしたわけだが、この映画に登場したデッドプールは……どう表現するのが適切だろうか、コミックファンの知るデッドプールではなかった

その後、ティム・ミラー監督の手によって、“俺ちゃん”の単独映画『デッドプール』(2016)が実現。コミックのキャラクターを全面に活かし、激しい暴力描写とユーモアを炸裂させた同作は高い支持を獲得した。この機に乗じていよいよウルヴァリンとの再共演なるか、と思われたのも束の間、ヒューは『LOGAN/ローガン』(2017)でウルヴァリン役を卒業してしまう。夢のクロスオーバーはこのまま実現せずに終わってしまうのか……。

続編映画『デッドプール2』の公開を控えた今、ライアンはヒューに対して、ウルヴァリンとデッドプールの再共演を熱烈にオファーしている。ファンは観たい、ライアンは演じたい、じゃあどうして実現しないの? 米Variety誌の取材にて、ライアンは「ヒュー・ジャックマンがね…」とボヤいてみせた。

「(ウルヴァリンとの共演は)長年の夢なんですが…残念ながらヒュー・ジャックマンがね。人の皮をかぶった段差みたいなもんですよ、スピードが落ちちゃう。まあ、彼は(ウルヴァリンを)辞めちゃったんで…様子を見ましょうよ。」

これまでにもライアンは、公の場でヒューへの公開オファーを続けてきた。しかし「奴は僕のタイムラインでは生きてますから。走り回ってますから。準備万端、是非やりたい」と言い放つ一方で、「ヒューを説得するのは不可能に近いと思う」とも述べていたのである。やはり卒業したヒューを呼び戻すのは、友人たるライアンでも難しいということか……。

なお2018年5月10日(米国時間)、ヒューはテレビ番組「Good Morning America」にて、こうした公開オファーへの返答を生放送で語っている。

「やあ、ライアン、元気? ライアン、君のことは大好きだし、デッドプールも大好きです。映画を観るのを楽しみにしてるよ。君は僕の親友だし、ブレイク(・ライブリー。ライアンの妻)や家族、全部を大切に思ってます。でも(ウルヴァリン役は)ちょっと勘弁してほしい。さすがに難しいよ、やり過ぎだと思う。カッコ良くないって。」

かなりバッサリと断っているヒューだが、のちに『デッドプール2』を観た後には、その完成度に感銘を受けたようで、SNSを通じて「『デッドプール2』は天才の仕事だった。最高でした」コメントしている。映画自体がヒューの胸を打ったことで、いずれ夢の再共演が実現することを祈りたいが…!

映画『デッドプール2』は2018年6月1日より全国ロードショー

『デッドプール2』公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/deadpool/

Sources: Variety, GMA
Eyecatch Image: [左]Ryan Reynolds [右]Hugh Jackman Photo by Gage Skidmore Remixed by THE RIVER

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly