Menu
(0)

Search

PG-13版『デッドプール2』米国版タイトルは『ワンス・アポン・ア・デッドプール』に決定 ― クリスマス前のチャリティ上映に

デッドプール2
(C)2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All

映画『デッドプール』シリーズの第2作『デッドプール2』(2018)をPG-13指定として再び劇場公開する企画の詳細が判明した。

Deadlineによると、PG-13版『デッドプール2』の米国版タイトルは『ワンス・アポン・ア・デッドプール(邦題未定、原題:Once Upon A Deadpool)』。当初、米国公開日は2018年12月21日の予定だったが、12月12日から12月24日までの期間限定公開へと変更されている。

タイトルの由来は、昔話の冒頭で語られる「むかしむかし(Once upon a time…)」。実は『ワンス・アポン・ア・デッドプール』では、『デッドプール2』を観客に再び提供する上で“物語の中で物語を語る”という構造を採用。『デッドプール2』の本編をPG-13指定で通用するように編集するのみならず、新たな切り口でストーリーを描き直すのだ。
主演・脚本・製作のライアン・レイノルズは、以前Twitterにて『プリンセス・ブライド・ストーリー』(1987)のパロディシーンが登場することを示唆。病気の孫に祖父が本を読み聞かせる場面を元ネタに、同作で孫を演じたフレッド・サベージを起用ししてもいる。

なお『ワンス・アポン・ア・デッドプール』は、チケット1枚につき1ドルを米国の非営利法人Fuck Cancerに寄付するチャリティ企画でもある。Fuck Cancerはガンの早期発見・早期治療を呼びかける非営利団体で、Fワードを堂々と団体名にした型破りな性質は『デッドプール』とのコラボレーションにもぴったり。しかし本作はあくまで“PG-13版”とあって、Fuck Cancerも一時的に名称を「Fudge Cancer」と改めたうえで企画に参加するとのこと。ちなみに“Fudge”とは“Fuck”の婉曲表現である。

本作の意図について、ライアンは以下のように述べている。

「2006年に(企画を)初めて以来、20世紀フォックスはPG-13指定を求めてきました。2006年以来、僕は“ノー”と言ってきたんです。でも今回は、ふたつの条件をつけて“イエス”と言いました。ひとつは収益の一部を寄付すること。もうひとつはフレッド・サベージを誘拐してくること。ふたつめの条件にはちょっと説明が必要でした…。」

脚本家のレット・リース&ポール・ワーニックは、以前『ワンス・アポン・ア・デッドプール』について「PG-13でこんなにうまく作れるなんて」「十分破壊的だし、楽しいし、クリエイティブで、『デッドプール』にしかできないものになりました」自信をのぞかせていた
編集段階ではR指定版より10分長かったようだが、今回の情報によれば『ワンス・アポン・ア・デッドプール』は『デッドプール2』よりも3分短いという。新たに撮り下ろされたのは全8シーンで、『デッドプール2』の合間に挿入される趣向になっているとのこと。ちなみに製作陣は新規シーンをたった1日で“ゲリラ的”に撮りきったとか。

ちなみに『ワンス・アポン・ア・デッドプール』は、ディズニーと20世紀フォックスの事業統合を直前に控える中で、『デッドプール』シリーズにどんな可能性があるかを示す、非常に有力な機会となりそうだ。R指定からPG-13指定への再編集、新たなストーリーテリングの採用、さらにチャリティ企画としての側面など、きわめて戦略的に練り上げられた仕掛けの数々に注目したい。

映画『ワンス・アポン・ア・デッドプール(邦題未定、原題:Once Upon A Deadpool)』は、2018年12月12日から12月24日まで米国にて期間限定公開。日本での情報を祈りながら待つばかりである。

なお、映画『デッドプール2』Blu-ray&DVDは発売中。

Source: Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly