Menu
(0)

Search

PG-13版『デッドプール2』新シーンたっぷり追加! 「デッドプールを愛するみなさんのために」

デッドプール2
(C)2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All

2018年12月21日(米国時間)、映画『デッドプール2』(2018)がPG-13指定となって帰ってくる。R指定ゆえの激しいアクションとユーモアで人気を獲得した“俺ちゃん”ことデッドプールは、厳しい規制をいかにかいくぐることができたのか…。

主演のライアン・レイノルズとともに、シリーズのキーパーソンとして活躍する脚本家のレット・リース&ポール・ワーニックは、『デッドプール』にとって新たな挑戦となるPG-13版の製作について、米/FilmCinema Blendにて語った。いわくPG-13版は、新シーンが追加された「デッドプールを愛するみなさん」のための映画に仕上がっているという。

デッドプール2
© 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

『デッドプール2』PG-13で堂々の復活

「本当に驚きました……『デッドプール』がPG-13でこんなにうまく作れるなんて」。レット・リースはこう漏らしている。冒頭にも記したように、『デッドプール』シリーズにはR指定ならではの魅力が詰まっている。『アトミック・ブロンド』(2017)などの俊英、デヴィッド・リーチ監督による第2作は、ましてその印象が強いだろう。『デッドプール2』の製作にあたって、ポール・ワーニックは“ある仕掛け”を取り入れたことを明かしている。

「『デッドプール2』が公開されたあと、みんなで集まったんです。“PG-13版を作ろう”というよりは、“もうちょっとデッドプールについて話そう”と。アイデアを出し合っていたら、ライアン(・レイノルズ)が、最高の枠物語(編注:登場人物の語りなどによって、物語のなかで物語が展開する構造)を考えてくれて。みんな大興奮で、スタジオも“やりましょう、撮りましょう”と。」

以前、ライアンはTwitterにて『プリンセス・ブライド・ストーリー』(1987)のパロディシーンが新たに登場することを示唆。写真に映っているのは、同作で病気の孫に祖父が本を読み聞かせるシーンを真似たもの。やはりPG-13版『デッドプール2』では、デッドプールが物語を語り聞かせることになるのか…。

新たに追加されるシーンの撮影は2018年8月ごろに行われ、もちろん監督にはデヴィッド・リーチが復帰。「最高の時間を過ごしました、大笑いした」と言わしめる新シーン、いったいどんな内容になっているのだろうか。ちなみにライアン以外の出演者については「言えません」とのことだ。

ポールはPG-13版『デッドプール2』について「子どもたちだけでなく、デッドプールを愛するみなさんを惹きつけるものになる」と自信を示している。

十分破壊的だし、楽しいし、クリエイティブで、『デッドプール』にしかできないものになりました。新しい観客だけでなく、『デッドプール』シリーズが大好きな観客にもすごく楽しんでもらえると思います。」

ちなみに新シーンこそ追加されるものの、PG-13版は『デッドプール2』のストーリーを大きく変更したものではないという。レットは「現時点で(R指定版より)10分くらい長いのを除けば、基本的には同じ映画です。それが成功したことがショッキングなんですよ」と述べているのだ。「みなさんは心配しているかもしれませんが、(PG-13化によって)牙を抜かれたようなことはありませんから。エッジの効いた、けれどもより若い観客にも触れやすい作品になっていますよ。」

とはいえ二人は「ミスリードもしたくないしネタバレもしたくない」と述べて、いまだPG-13版の詳細については語っていない。米国公開が近づけば、もう少し話せることが増えるということだ。ところで、日本でも観られますよね…?

PG-13版『デッドプール2』(タイトル未定)は2018年12月21日に米国公開予定。『デッドプール2』のブルーレイ&DVDは発売中だ。

Sources: /Film, CB

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly