Menu
(0)

Search

『デッドプール2』ディズニーイジりギャグをFOXが自重 ─ ライアン・レイノルズ「今思うと賢明な判断だった」

デッドプール2
©2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

2018年6月1日には待望の続編も公開予定のデッドプールと言えば、「第四の壁」(作品世界と観客を隔てる境界線)を超えた、掟破りのギャグが醍醐味。2016年の映画第一作では、『X-MEN』映画シリーズの出演者の名を挙げてイジってみたり、ウルヴァリン役のヒュー・ジャックマン、そして自身を演じるライアン・レイノルズやその出演過去作『グリーン・ランタン』をネタにしてファンの笑いを誘った。

もちろん『デッドプール2』でも、自由奔放なギャグは健在。先に公開された予告編映像の数々では、「シリアスすぎる、DCユニバース出身かよ」と対岸のシリーズをイジってみたり、『ワンダーウーマン』または『ブラックパンサー』を真似たように腕をクロスしたポーズで「完全にパクリだ」とうそぶいてみたりと、まさにポップカルチャー界の時事ネタをふんだんに取り入れた。

『デッドプール2』では、主演のライアン・レイノルズも脚本家のひとりとして参加している。ライアンは今作でも数多くのジョークを考案したが、やはり中には20世紀FOXの判断で本編に取り入れられなかったものもあったという。Entertainment Weeklyのインタビューで、ライアンが「これが痛いところ」と悔やんでいる。

「もともとあったジョークが本編に入らなかったんです。理由はたぶん言えないんですけど、FOXに外されちゃった。もっとディズニーをイジるネタがあったんですけど、切られちゃったんです。今思い返すと、賢明な判断だったと思う。」

ディズニー社のマーベル・シネマティック・ユニバースと『デッドプール2』といえば、後者にて初登場する人気キャラクターのケーブルを、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』サノス役ジョシュ・ブローリンが演じているという、もはやイジられ待ちとも言えるポイントがある。20世紀FOX側が自重を求めたというディズニーイジリネタ、一体どんなものだったのだろう…。

デッドプール2
©2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

本作にはライアン・レイノルズ、ジョシュ・ブローリンほか、ドミノ役にザジ・ビーツらが出演。ネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッド役のブリアナ・ヒルデブランド、親友ウィーゼル役のT・J・ミラーら前作キャストも続投する。日本人女優・忽那汐里の活躍も楽しみだ。

映画『デッドプール2』は2018年6月1日より全国ロードショー

『デッドプール2』公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/deadpool/

Souce:EW

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly