Menu
(0)

Search

『デッドプール2』R指定映画の初日記録更新!『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』監督、「グルートプール」でお祝い

デッドプール2
© 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

2018年5月18日(現地時間)、映画『デッドプール2』が米国にて公開された。激しいバイオレンス・アクションとユーモアで映画ファン&コミックファンの心を射止めた前作(2016)に次ぐ本作は、早くも世界的に好スタートを記録している。

ComingSoon.netによれば、『デッドプール2』は5月17日の前夜祭上映を含む公開初日の米国興行収入で5,330万ドルを記録。『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(2017)の5,040万ドルを抜いて、R指定作品としては史上最高の初日記録を達成した。

ところが「俺ちゃんのライバルは俺ちゃんだった」とでもいうべきだろうか。米Variety誌によれば、5月18~20日の米国オープニング興行成績では1億2,500万ドルを達成するも、前作『デッドプール』の1億3,240万ドルに次ぐR指定作品史上第2位の成績となったという。もちろん十分な結果なのだが、「前作超え」を至上の命題とされがちな続編映画である以上、米20世紀フォックス社にとっては厳しいスタートといっていいのかもしれない。

その一方で興味深いのは、『デッドプール2』にが思わぬ反応を示していることだ。
同じくVariety誌によれば、5月18~20日にかけての海外興収は1億7,600万ドルを記録。巨大市場である中国を含まずに優れた滑り出しを見せており、この数字は『X-MEN: フューチャー&パスト』(2014)を抜いてフォックス・インターナショナル史上最高のオープニング成績となる。『LOGAN/ローガン』(2017)が保持していたR指定作品の海外オープニング興収記録も更新した形だ。ちなみに、特に際立った成績をみせているのは『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の人気ぶりも話題となったイギリス&韓国である。

ちなみに“R指定作品史上最高の初日記録”を受けて、主演のライアン・レイノルズはTwitterにて感謝を表明。マーベル・シネマティック・ユニバースにて『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズを手がけるジェームズ・ガン監督は、真っ赤な「グルートプール」で好発進を祝福した。

衝撃の内容を含めて世界中で話題の、映画『デッドプール2』は2018年6月1日より全国ロードショー

『デッドプール2』公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/deadpool/

Sources: ComingSoon.net, Variety(1, 2), Ryan Reynolds, James Gunn
© 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly