Menu
(0)

Search

『デッドプール2』原作者、ケーブル役候補のラッセル・クロウに「コミック読むべき」ツイートを送信、偉い人に小一時間怒られていた

デッドプール2
(C)2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

マーベル・コミック作品「デッドプール」の生みの親として知られるアーティストのロブ・ライフェルド氏が、映画デッドプール2(2018)の配役に関するなにげないSNSの投稿から、映画関係者にお説教をくらっていたようだ。

ことの発端は2017年2月。当時『デッドプール2』に登場するケーブル役の候補として、ブラッド・ピットやドルフ・ラングレン、スティーブン・ラングらと並び、『グラディエーター』(2000)や『レ・ミゼラブル』(2012)などで知られる名優ラッセル・クロウの名前が噂されていた。
そこでライフェルド氏は、軽い気持ちで「ケーブル役のために『デッドプール』と『X-フォース』を読むべき。ちょっと言ってみただけ…」と、Twitterにてラッセル・クロウのアカウントに向けて投稿。すると、クロウご本人が「読むべきなのか?」と反応したのである。

実はこの話には続きがあった。米Collider誌のインタビューに登場したライフェルド氏は、当時を以下のように振り返る。

「(ツイートの件で)めちゃくちゃ怒られたんです。朝起きたら、オーストラリアにいるラッセル・クロウから“読むべきなのか?”って返信が来ていた。僕のマネージャーに“ラッセル・クロウはロブのためになんか(コミックを)読みませんよ。失礼なことをしちゃいましたね”と言われたので、“すみません!まだケーブル役が決まってないから、ただ投稿しただけなんです”と。そのあと電話がかかってきて、フォックスの人に一時間怒られたり、怒られなかったりで。」

結局ケーブル役を射止めたのは、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)のサノス役でも知られるジョシュ・ブローリン。半分機械の身体、そして複雑な過去を持つキャラクターを見事に演じきった。

映画『デッドプール2』は2018年6月1日より全国の映画館にて公開中

『デッドプール2』公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/deadpool/

Sources: Robert LiefeldRussell Crowe, Collider

Writer

まだい
まだいEriko

日々筋トレに励んでいます

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly