ロバート・ダウニー・Jr.版『ドクター・ドリトル』にトム・ホランド出演!悪役にアントニオ・バンデラスも出演交渉中

大富豪の天才科学者から、動物たちと話せる獣医へ。
ロバート・ダウニー・Jr.の主演映画『ザ・ヴォヤージュ・オブ・ドクター・ドリトル(原題:The Voyage of Doctor Dolittle)』に、スパイダーマン役でおなじみトム・ホランドが出演することがわかった

これまでロバートとトムは、『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)や『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(4月27日公開)、そして2019年公開『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)の3作品で共演している。トムがピーター・パーカー/スパイダーマンを、ロバートは彼の“師匠”にあたるトニー・スターク/アイアンマンを演じてきたのだ。『ザ・ヴォヤージュ・オブ・ドクター・ドリトル』は、二人がマーベル映画以外で初めて共演する作品となる。

スパイダーマン:ホームカミング

©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.

もっとも『ザ・ヴォヤージュ・オブ・ドクター・ドリトル』で、ロバートとトムが直接対面することはなさそうだ。米Deadline誌によれば、本作でトムが演じるのは、ロバート扮する主人公ドクター・ドリトルと会話する動物の声だという。
トム以外に動物の声を務めるのは、『ハリー・ポッター』シリーズのシビル・マクローニー役で知られるエマ・トンプソンや、同じく『ハリー・ポッター』シリーズのヴォルデモート役のほか、『KUBO/二本の弦の秘密』(2016)や『レゴ(R)バットマン ザ・ムービー』(2017)で声優としての活動が続く名優レイフ・ファインズ。実力も個性も申し分ない豪華キャストが、ロバートと言葉を交わすことになりそうだ。

またDeadlineによると、本作には現在アントニオ・バンデラスが出演交渉に入っているという。1990年代にアクション俳優として活躍し、近年は『聖杯たちの騎士』(2015)や『マチェーテ・キルズ』(2013)などに出演する彼が演じることになりそうなのは、詳細こそ不明だが「ドクター・ドリトルの宿敵」だとか。同誌によれば、『パッセンジャー』(2016)などのマイケル・シーンも、ドクター・ドリトルの仲間であるマドフリー役で交渉に入っている模様だ。

『ザ・ヴォヤージュ・オブ・ドクター・ドリトル』は、作家ヒュー・ロフティングが1920年代から執筆した児童文学「ドリトル先生」シリーズを原作とする。本作のタイトルは、小説の第2巻『ドリトル先生航海記(The Voyages of Doctor Dolittle)』とほぼ同一だ。過去には『ドリトル先生不思議な旅』(1967)、またエディ・マーフィ主演の『ドクター・ドリトル』シリーズ(1998, 2001)として映画化されている。
本作の脚本・監督を務めるのは、『トラフィック』(2000)の脚本、『シリアナ』の脚本・監督を務めたスティーヴン・ギャガン。ハードな犯罪映画、実話映画を数多く手がけてきたキャリアの持ち主は、いかにして児童文学の映画化に挑んだのか……。

 

映画『ザ・ヴォヤージュ・オブ・ドクター・ドリトル』は2019年4月12日に米国公開予定。本国では『アベンジャーズ』第4作の直前に公開されるというわけだ。
ちなみに、ロバート・ダウニー・Jr.とトム・ホランドが共演した映画『スパイダーマン:ホームカミング』のブルーレイ&DVDは現在発売中。

Source: http://deadline.com/2018/02/antonio-banderas-michael-sheen-voyage-of-doctor-dolittle-emma-thompson-ralph-fiennes-tom-holland-1202279228/
©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。