『スター・ウォーズ』テレビ版、複数の作品が同時進行中!ディズニー映像配信サービスは2019年後半のスタートへ

米ウォルト・ディズニー・カンパニー/ルーカスフィルムは、スター・ウォーズ』のテレビシリーズを複数同時に進行しているようだ。2018年2月6日(現地時間)、ディズニーのボブ・アイガーCEOが明かしている。

ドラマあり、アニメあり?テレビ版『スター・ウォーズ』続々登場へ

2017年11月、ボブ氏は『スター・ウォーズ』初のドラマシリーズをディズニー独自のストリーミング・サービスで配信するため製作することを発表していた。米The Hollywood Reporter誌によれば、現在進められているテレビ版『スター・ウォーズ』は、そのドラマシリーズだけではないという。

私たちが進めているのは一本だけではありません。いくつかの『スター・ウォーズ』作品は、ディズニーのストリーミング・サービス専用となります。これまでにもお伝えしてきましたが、製作しているうちの少なくとも一つは、もうすぐ発表できると思います。まだ契約が完了していないので、詳しくはお話しできないんですが。」

その一方でアイガー氏は、「テレビの前でハイレベルなものを観てもらえることは、非常に有意義だと思います」と述べて、そのクオリティに自信をにじませた。テレビ版『スター・ウォーズ』は、現在進行しているドラマシリーズのほか、先日監督の求人情報が確認されたことからも想像できるように、新たなアニメシリーズを含む複数のタイトルが予定されているものとみられる。

なお、米国で高く評価されたドラマ『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』(2017-)を手がけたリード・モラーノ氏はルーカスフィルムと面会していたものの、のちに『スター・ウォーズ』シリーズへの監督就任を否定した。果たして、どんな顔ぶれがテレビ版『スター・ウォーズ』を支えることになるのだろう?

ちなみにアイガー氏によれば、ディズニーによるストリーミング・サービスのスタートは「2019年後半」になるという。
現在『スター・ウォーズ』は、『最後のジェダイ』(2017)のライアン・ジョンソン監督による次回3部作、新たに発表された『ゲーム・オブ・スローンズ』(2011-)製作陣による映画版新シリーズに加え、複数のテレビシリーズが進行しているわけだ。現行3部作の完結編『エピソード9(仮題)』の公開後も、シリーズのファンは追いかけるものが途切れずに済みそう……なのだが、これはうれしい悲鳴か、それとも?

『スター・ウォーズ』映画新シリーズの製作が決定、次回3部作とは別物に ― 『ゲーム・オブ・スローンズ』製作者が脚本を執筆

Source: https://www.hollywoodreporter.com/live-feed/star-wars-tv-series-disney-developing-a-few-streaming-service-1082523

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。