Menu
(0)

Search

『ドクター・スリープ』シャイニング完全再現シーンが公開 ─ ダニー、破壊されたドアを覗き込む

ドクター・スリープ
©2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved

巨匠スティーヴン・キングの傑作小説『シャイニング』の40年後を描く『ドクター・スリープ』が、2019年11月29日(金)に待望の日本公開を迎えた。あの『シャイニング』が完結を迎える本作より、このたび衝撃の本編映像が到着。惨劇から40年、成長したダニーが“呪われたホテル”に戻り、父ジャックが斧で叩き割ったドアの裂け目を覗き込む……。


40年前、雪山のホテルで起こった惨劇を生き残った男・ダニーの周囲で、児童を狙った不可解な失踪事件が起きていた。ある日、ダニーは特別な力を持った少女アブラと出会う。彼女は能力によって事件を目撃し、狂信的集団に命を狙われていた。事件の謎を追う2人がたどり着いたのは、惨劇が起こった、あの雪山の“呪われたホテル”。狂気に取り憑かれた父ジャックによる惨劇の舞台であり、ダニーのトラウマの元凶だ。237号室、バスタブの中の老婆、双子の姉妹、そして血のエレベーター。いよいよ、すべての謎が明らかになる。

到着した映像では、アブラをホテルの外で待たせ、ダニーがホテルの室内をひとりで歩き回る。重い扉を開けて真っ暗なロビーに足を踏み入れるや、まるでダニーを迎え入れるかのようにシャンデリアに灯りがともった。ダニーが「起きろ」とホテルに向かって呼びかけながら歩を進めると、建物が生きているかのように、次々と廊下に灯りがともっていく。その廊下の先で、ダニーは立ち止まった。視線の先にあるのは破壊されたドアで、その中には、もうひとつのドアがある。かつて、ダニー自身が“REDRUM”というメッセージを書き、父ジャックが斧で破壊したあのドアだ。かつての父と同じく、ダニーがドアの裂け目から中を覗き込むと、あの恐ろしい記憶が甦ってくる……。

ドクター・スリープ
©2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

ダニー役のユアン・マクレガーは、このシーンについて「(『シャイニング』の)ジャック・ニコルソンのシーンは本当に有名だけど、僕はあくまで普通に演じました」と振り返っている。なぜ、ダニーはトラウマの元凶となった“呪われたホテル”に戻るのか。彼もまた、狂気に取り憑かれた父親と同じ運命をたどるのか。幼き頃と同じく“呪われたホテル”を歩くダニーが、このあと向かう先とは。

映画『ドクター・スリープ』は2019年11月29日(金)全国ロードショー

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly