Menu
(0)

Search

『ドクター・スリープ』物語のカギを握る「シャイニング」の秘密 ─ 主演ユアン・マクレガー、子役カイリー・カランが語る

ドクター・スリープ
©2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved

巨匠スティーヴン・キングによる傑作小説『シャイニング』の40年後を描く、映画『ドクター・スリープ』が2019年11月29日(金)に公開される。237号室、バスタブの中の老婆、双子の姉妹、そして血のエレベーター。ホラー小説の帝王が仕掛けた謎の数々が、ついに解き明かされるのだ。

物語のカギを握るのは、雪山の惨劇を生き延びた主人公ダニーと、彼が出会う少女アブラの2人が持っている“特別な力”である「シャイニング」。このたび、ダニー役のユアン・マクレガーとアブラ役のカイリー・カランが、この「シャイニング」を語る特別映像を、THE RIVERが独占入手した。


40年前、雪山のホテルで起こった惨劇を生き残った男・ダニーの周囲で、児童ばかりを狙った不可解な失踪事件が起きていた。ある日、ダニーは特別な力を持った少女アブラと出会う。彼女は能力によって事件を目撃し、狂信的集団に命を狙われる身だった。事件の謎を追う2人がたどり着いたのは、惨劇が起こった、あの雪山のホテル。スタンリー・キューブリックの傑作映画『シャイニング』(1980)から40年、ついに少年ダニーが“呪われたホテル”に戻ってきたのだ。

『ドクター・スリープ』では、かつての惨劇によって心に傷を抱え、孤独に暮らしていたダニーのもとに、ある日、見ず知らずの少女アブラから「シャイニング」によるメッセージが届けられる。この力について、ユアン・マクレガーは「ある種の特殊能力なんだ。“特別な力”とも言えるし、呪いとも言える」と言い、カイリーは「鋭い直感のようなもの。目の前の物理的な世界を超えたところまで見える」と話す。

この特別な力ゆえに、ダニーは幼き日の悪夢、惨劇の記憶にいまだに苦しめられており、アブラは不可解な児童連続失踪事件を“目撃”する。ユアンは「子供なら“想像上の友達”のように感じられるかもしれないが、それは想像などではない」と、かつてのダニーが「シャイニング」を使う際、トニーという友達を作り上げていたことを振り返った。そして、「この“特別な力”には代償がつく…」と意味深な発言も口にしているのだが、果たしてその真意とは? スティーヴン・キングと気鋭のホラー監督マイク・フラナガンが作り出す新たな恐怖は、この能力を通じて、いかに呼び起こされるのだろう。

映画『ドクター・スリープ』は2019年11月29日(金)全国ロードショー

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly