架空映画『ダンディー』超豪華キャスト結集!マーゴット・ロビー&ラッセル・クロウほか参戦の予告編公開

1980年代のオーストラリアが生んだ伝説のコメディ映画『クロコダイル・ダンディー』シリーズ。その続編として、ダニー・マクブライド主演、『アベンジャーズ』クリス・ヘムズワースが出演すると発表されたのが『ダンディー:ザ・サン・オブ・ア・レジェンド・リターンズ・ホーム(原題:Dundee: The Son of a Legend Returns Home)』だ。しかしこの作品、実はオーストラリア政府観光局が仕掛けた架空の映画だった。

のちに『X-MEN』ウルヴァリン役などで知られるヒュー・ジャックマンの出演も発表され、果たしてどこへ向かうのか、どんな着地点を見せるのか一切予想できなかった本企画。このたび、超豪華キャストがうっかり結集した予告編が公開されている……!


マーゴット・ロビー&ラッセル・クロウ、リアム・ヘムズワースら参戦!

ダニー・マクブライド、クリス・ヘムズワース、ヒュー・ジャックマン。すでに豪華な顔ぶれが揃っていた『ダンディー』に新たに加わったのは、現在のハリウッド、およびショービジネスで活躍する才能たち(全員オーストラリア出身)だ。

まずは『スーサイド・スクワッド』(2016)のハーレイ・クイン役で知られる、最新作『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』(5月4日公開)の演技が高評価されたマーゴット・ロビー。とりあえず「フリー・ビール!」と懸命にコールする姿だけ覚えておこう。そして悪役めいた登場を見せるのは、言わずと知れた大スター、ラッセル・クロウである。「ダンディーに教えてやろう。オーストラリアで一番危険な動物、それは……俺だ」。

そのほか予告編に登場するのは、『グランド・イリュージョン』(2013)『ノクターナル・アニマルズ』(2017)のアイラ・フィッシャー、『ジョン・ウィック:チャプター2』(2017)のアレス役が印象的だったモデルのルビー・ローズ、『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』(2016)に主演したクリス・ヘムズワースの実弟リアム・ヘムズワース、若きソウル・シンガーであるジェシカ・マーボイ。そして『ハクソー・リッジ』(2016)のルーク・ブレイシーは“ザ・クリケット・レジェンド”なる役柄を務めている。豪華すぎる顔ぶれが、予告編であることを最大限に活かした「とりあえず出てればOK」精神で、次々によくわからない登場を果たすのだ。

 

本作『ダンディー』は、1986年公開の第1作より3作品が製作された『クロコダイル・ダンディー』シリーズの最新作とされていた。行方不明になったオリジナル作の主人公ミックを捜索するため、アメリカ都市育ちの息子ブライアンがオーストラリアを冒険するというあらすじで、主演には『トロピック・サンダー /史上最低の作戦』(2008)など多くのコメディ映画で知られるダニー・マクブライド、共演に『マイティ・ソー』シリーズのクリス・ヘムズワースを迎えた。ヘムズワースが演じるのは、オリジナル2作でジョン・メイロンが演じたウォルター・ライリーのツアー会社を継ぐ息子のウォリー・Jr.。オーストラリアの地を知り尽くしたアウトドア男という設定だ。
製作は前3作を手掛けたリムファイアー・フィルムで、当初、本作は2018年夏の全米公開予定とアナウンスされていた。2018年1月19日、突如オンラインで公開された予告編映像が注目を集めたが、その後、実はオーストラリア政府観光局による架空の映画だったと報じられている。

なお本予告編には、『クロコダイル・ダンディー』シリーズで主人公ミックを演じたポール・ホーガンがプロデューサーとしてクレジットされている。やはり仕掛け人はあなただったのか……!

『ダンディー:ザ・サン・オブ・ア・レジェンド・リターンズ・ホーム』の全編は、2018年2月4日(現地時間)に開催される「第52回スーパーボウル」でお披露目されるとのこと。果たして映画としての体をなしているのか、そもそも全編とは何なのか、気になる全貌までもうあと少しだ。

Eyecatch Image: https://dundeemovie.com/ スクリーンショット

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。