Menu
(0)

Search

ジョシュ・ブローリン、『アベンジャーズ』でイライラしたこととは? ─『デューン』との製作の違い語る

DUNE/デューン 砂の惑星
©2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

DUNE/デューン 砂の惑星』(2021)にて、アトレイデス家に仕える腹心にして、主人公の戦闘の指導者でもあるガーニイにふんしたジョシュ・ブローリンアベンジャーズ』シリーズではヴィランのサノス役を演じていたことでも知られる俳優だが、このたびふたつの作品での製作の違いについて、ComicBook.comのインタビューを通して説明している。

マーベルの場合は、“なんで撮影現場に入ってからどんどん変えていくんだ”と思うようなことがたまにありました」とジョシュ・ブローリン。マーベル・スタジオは徹底した秘密主義として知られており、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)でのトム・ホランドに至っては脚本さえ与えられなかったほど。もちろん、これは“ネタバレ王子”だからこその対応で、ブローリンは事前にしっかりと脚本を渡されていたようだが、その内容は撮影直前になると変更されることがあったわけだ。さすがのブローリンも「それにはイライラしましたよ」という。

一方で『デューン』の場合は、ブローリンいわく、マーベル・スタジオのように脚本が撮影直前で大きく変わるようなことはなかったようだ。「すべてがすでに明らかにされているものでしたから。原作が存在するので、その内容を隠すのは至難の業でしょう」。マーベル映画にも原作は存在するが、必ずしも同じ物語が展開されるわけではない。『デューン』に関しては、「とても原作に忠実な映画化」としながら、「変更されているものもあれば、アドリブによるものありますし、そのために作られたものもあります」とのことだ。

また、マーベル映画といえば、グリーンバックを用いて撮影されることが多いが、『デューン』では「すべてが現実的で、セットやプロダクションデザインはとにかくスケールが桁違いでした」という。ブローリンは最後に、「マーベルでは自分自身の想像力に委ねられます」としながら、「どちらも魅力的で、注目されるべきものですが、全く異なるものです」と締めくくっている。

ジョシュ・ブローリンが傑作と称賛したSF映画、『DUNE/デューン 砂の惑星』は公開中。

Source: ComicBook.com

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly