Menu
(0)

Search

【連載】『DUNE/デューン 砂の惑星』フレメンに迫る ─ 物語の鍵となる自由民族、3名のキャラ映像

DUNE/デューン 砂の惑星
©2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

『メッセージ』(2016)『ブレードランナー 2049』(2017)などで知られるドゥニ・ヴィルヌーヴ監督による、2021年最大の超大作『DUNE/デューン 砂の惑星』が、2021年10月15日(金)に公開される。『スター・ウォーズ』や『風の谷のナウシカ』『アバター』など、数々の名作に影響を与えたとされるフランク・ハーバートによる傑作SF小説を基に、全宇宙の運命を任されたひとりの少年ポール・アトレイデスの成長と覚悟を描く1作だ。

ヴィルヌーヴ監督史上最大級のスケールで描かれる本作に登場するメインキャラクターは、物語の主人公となるアトレイデス家、砂の惑星に住まう自由民フレメン、邪悪な陰謀を企むハルコンネン家の3つに大きく分類される。

THE RIVERでは3週にわたって、本作で描かれる個性溢れるキャラクターたち一人ひとりを紹介予定。公開前の予習として、このたび到着した特別映像とともにチェックしてみてはいかがだろうか。

2週目は、ゼンデイヤやハビエル・バルデムらが属する自由民族フレメンを紹介。主人公ポールの成長にとって必要不可欠であり、壮大なストーリーにおいて鍵を握る存在だ。

チャニ(演:ゼンデイヤ)

フレメンの戦士。ポールの夢の中に現れるミステリアスな魅力を放つ少女だ。その素性は謎に包まれていることが多いものの、アトレイデス家、そしてポールにとって必要不可欠な存在になっていくと見られる。演じるのは、『グレイテスト・ショーマン』(2017-)や『スパイダーマン』シリーズ、「EUPHORIA/ユーフォリア」(2019-)など、ハリウッドで最も活躍する若手俳優のひとり、ゼンデイヤ。ポール役のティモシー・シャラメとは初共演となる。

スティルガー(演:ハビエル・バルデム)

フレメンをまとめるリーダー。倫理と道徳を重んじ、環境の保全にも注力している。映像では「俺たちの土地に入るな」と話しているが、果たしてポールらアトレイデス家にとって、敵か味方か。演じるのは、『007/スカイフォール』(2012)でジェームズ・ボンドの敵として立ちはだかったラウル・シルヴァ役を怪演したハビエル・バルデム。本作でも並々ならぬ役作りぶりがうかがえる。

リエト・カインズ博士(演:シャロン・ダンカン=ブルースター)

帝国に仕える生態学者。監査官として砂の惑星“デューン”の統治がハルコンネン家からアトレイデス家へ移行するのを見届ける責任を持つ。ハルコンネン家とアトレイデス家、そしてフレメンの関係性や、砂の惑星“デューン”の謎を解く重要な役柄だ。ちなみに、原作小説では男性として登場する。演じるのは、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)「セックス・エデュケーション」(2019-)にも出演するシャロン・ダンカン=ブルースター。90年代から役者活動を始めており、長いキャリアを持つ。

『DUNE/デューン 砂の惑星』あらすじ&キャスト

 DUNE/デューン 砂の惑星
©2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

10,190年、銀河系は分裂した。人類が地球以外の惑星に移住し、宇宙帝国を築いたあとの世界では、ひとつの惑星をひとつの大領家が統治する身分制度が敷かれている。レト・アトレイデス公爵は、皇帝の命を受け、通称「デューン」と呼ばれる砂漠の惑星アラキスを治めていた。そこは、抗老化作用を持つ香料・メランジの唯一の生産地。一家には莫大な利益がもたらされるはずだったが、レト公爵を待っていたのは、メランジの採掘権を持つハルコンネン家と皇帝の陰謀だった……。

DUNE/デューン 砂の惑星』には、ハリウッドを代表する俳優陣が集結した。『君の名前で僕を呼んで』(2017)のティモシー・シャラメ、『スパイダーマン』シリーズのゼンデイヤ、『アクアマン』(2018)のジェイソン・モモア、アカデミー賞俳優ハビエル・バルデム、『アベンジャーズ』シリーズでサノスを演じたジョシュ・ブローリン、そして『スター・ウォーズ』続三部作のオスカー・アイザックと、『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(2018)のレベッカ・ファーガソンらが名を連ねている。ほか、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのデイヴ・バウティスタや、『マイティ・ソー』『マンマ・ミーア!』シリーズなどの名優ステラン・スカルスガルド、『アントマン』シリーズや『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』(2021)などのデヴィッド・ダストマルチャンら、多彩な実力派が参加し、強力な布陣が揃った。

3週目では、ステラン・スカルスガルド演じるウラディミール・ハルコンネンや、デイヴ・バウティスタ演じるラッバーンら、アトレイデス家を謀略にかけるハルコンネン家についてご紹介する予定だ。

映画『DUNE/デューン 砂の惑星』は、2021年10月15日(金)全国公開。

第1回ではアトレイデス家をお届け

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly