Menu
(0)

Search

『DUNE/デューン』スピンオフドラマが再始動、脚本&ショーランナーが決定 ─ ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督も参加、映画版の前日譚に

DUNE/デューン 砂の惑星
©2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の最新作『DUNE/デューン 砂の惑星』のスピンオフドラマとして長らく企画されてきた「Dune: The Sisterhood(原題)」の脚本・ショーランナーに、「ザ・ホーンティング・オブ・ブライマナー」(2020-)のダイアン・アデム=ジョンが就任した。米Varietyが報じている。

本シリーズは、映画版と共通する世界を舞台に、精神と肉体の鍛錬を目的とする教育機関ベネ・ゲセリットの修道女たちに焦点が当てられるスピンオフ作品で、映画版の前日譚という位置付けになるとのこと。ベネ・ゲセリットは、宇宙帝国における未来のコントロールを目的に活動している。映画版ではレベッカ・ファーガソン演じるレディ・ジェシカがその1人として知られる。

初報が伝えられたのは2019年6月。同年7月には『プロメテウス』(2012)や『パッセンジャー』(2016)、そして『DUNE/デューン』でも脚本を務めたジョン・スペイツのショーランナー就任が報じられた。のちにスペイツは『DUNE/デューン』続編の脚本執筆に専念することを理由に降板。製作総指揮として企画に残留することとなった。以降、大きな進展が見られなかったものの、映画版の公開を目前にした中で、続報が到着した形だ。

本シリーズには、映画版のヴィルヌーヴ監督も製作総指揮とパイロット版の監督として参加している。ショーランナーのダイアン・アデム=ジョンは、製作総指揮を兼任する。なお第一報の際、製作の米ワーナー・ブラザースとレジェンダリー・ピクチャーズは、ビデオゲーム・デジタルコンテンツ・コミックブックなどを含めた『DUNE/デューン』のフランチャイズ展開を視野に入れていると伝えられていた。

Source: Variety,Deadline

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly