もうすぐ日本上陸『ダンケルク』全世界興行収入で4億ドル突破!さらなる躍進へ期待

クリストファー・ノーラン監督の最新作『ダンケルク』が、いよいよ2017年9月9日に日本でも公開される。
映画ファンが待ち望んだ日本上陸に先がけること約2週間、すでに本作の全世界興行収入が4億ドルを突破したことが判明した。監督にとって初めての戦争映画にして、日本では「タイムサスペンス」が謳われた本作は、果たしてどこまで突き進むことができるのだろうか?

『ダンケルク』世界興行収入が3億ドル突破!ノーラン監督「観客にこの作品から何かを得てほしい」

映画ファンの注目作『ダンケルク』、躍進つづく

『ダンケルク』の全世界興行収入が4億ドルを突破したのは、3億ドルを突破したとみられる2017年8月5日(現地時間)から3週間後の8月26日だ。アメリカの経済誌フォーブスは、週末の興行収入ランキングで『ダンケルク』が第6位を記録したことを報じ、全世界興収で4億ドルを突破したことをいち早く報じている。

また米Box Office Mojoは、その翌日にあたる8月27日(現地時間)の時点で全世界興収が4億1,000万ドルを超えていると推定。米国興収では1億7,000万ドルを超えたところのため、海外興収が約6割という成績になっている。今後はイタリア(8月31日)、中国(9月1日)、そして日本(9月9日)に封切られるが、このあとどこまで記録を伸ばせるかはまだ未知数だ。
しかし、史実を基にした戦争映画、スター俳優不在(ワン・ダイレクションのハリー・スタイルズは出演しているものの)による群像劇と比較的厳しい条件下での大ヒットは、ひとえにクリストファー・ノーランという映画監督のネームバリュー、そして作品への評価が実を結んだものとみられる。

なおノーラン監督による前作『インターステラー』(2014)は米国で約1億8,800万ドル、その他海外で約4億8,700万ドルと、合計で約6億7,500万ドルを稼ぎ出している。この成績にどこまで迫ることができるのか、やはり鍵を握るのは一大市場である中国だろう。5億ドルの突破、さらなる躍進に期待がかかるところだ。

映画『ダンケルク』は2017年9月9日にて全国ロードショー
その完成度はお墨付き、映画ファンからの注目度もピカイチの一作だ。ノーラン監督のこだわりを、できるだけ優れた環境でご覧いただきたい。

Sources:?https://www.forbes.com/sites/scottmendelson/2017/08/26/box-office-hitmans-bodyguard-wins-friday-dunkirk-passes-400m-worldwide/#20f8d12f4eaa
http://www.boxofficemojo.com/movies/?page=main&id=chrisnolan2017.htm
http://www.boxofficemojo.com/movies/?id=interstellar.htm
http://www.viva-press.com/release-dates/dunkirk-release-dates/
c2017 Warner Bros. All Rights Reserved.

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。