Menu
(0)

Search

イーストウッド『許されざる者』『グラン・トリノ』『アメリカン・スナイパー』復活上映決定 ─ 『クライ・マッチョ』公開記念

クライ・マッチョ
©2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

半世紀以上に渡り一線で活躍を続ける名優にして、『許されざる者』(1992)『ミリオンダラー・ベイビー』(2004)では監督として2度のアカデミー賞に輝いたクリント・イーストウッド。初監督作『恐怖のメロディ』がアメリカ公開されたのは1971年11月12日のことだ。監督デビューから50年を迎えた本日2021年11月12日、イーストウッドのアニバーサリーを祝う特別企画が発表された。

監督デビューから50年&40作目となるアニバーサリー作品『クライ・マッチョ』の公開を記念して、2021年12月24日(金)~2022年1月13日(木)の3週間にわたり、イーストウッドが手掛けた名作の再上映が決定。公開記念ポスターと特別映像が公開された。

特別上映には、イーストウッド初のアカデミー賞受賞作『許されざる者』( 1992)、頑固な退役軍人と移民少年との心の交流を描く感動のヒューマンドラマ『グラン・トリノ』(2008)、社会現象を巻き起こして全世界で大ヒットした『アメリカン・スナイパー』(2014)3作品がラインナップ。『許されざる者』と『グラン・トリノ』は今回が初のデジタル上映となる。

さらに、各作品の上映前には、イーストウッドの長年の功績を辿るドキュメンタリー「クリント・イーストウッド:シネマティック・レガシー」から、各作品それぞれの舞台裏をとらえたエピソードが上映される。この映像は、202217日(金)よりデジタル配信開始が予定されている、傑作の撮影の裏側を記録した9つのエピソードからなるドキュメンタリー「クリント・イーストウッド:シネマティック・レガシー」の内の3本。配信に先駆けて劇場の大スクリーンで見られるファン垂涎の特別上映となる。なお、来場者へのスペシャルプレゼントとして「監督デビュー50周年アニバーサリーステッカー」の配布が予定されている。数量限定につき、無くなり次第配布終了となります。)

このたびの特別映像には、『許されざる者』でアカデミー賞助演男優賞を受賞したジーン・ハックマンをはじめ、モーガン・フリーマン、メリル・ストリープ、ケヴィン・コスナーら、イーストウッドと共に名作を生み出してきた俳優たちが登場。それぞれが「彼は生まれながらにして映画監督なんです」「本当にすばらしいアーティストです」「彼が作品の中で描くことに僕たちは敬意を払いながら観たいと思うんです」と賛辞の言葉を寄せている。

イーストウッド珠玉の傑作『許されざる者』『グラン・トリノ』『アメリカン・スナイパー』特別上映を堪能して、きたる『クライ・マッチョ』に備えよう。クリント・イーストウッド集大成にして新境地となる新たなマスターピース『クライ・マッチョ』は、2022年1月14日(金)日本公開だ。

クライ・マッチョ
©2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

クリント・イーストウッド監督50周年記念作品『クライ・マッチョ』公開記念特別上映

上映劇場 東京:新宿ピカデリー、大阪:なんばパークスシネマ
上映期間 2021年12 月 24 日(金)~2022年1 月 13 日(木)
上映作品 「シネマティック・レガシー A Director’s Vision」(2021)【約18分】
『許されざる者』 (1992) 「シネマティック・レガシー Triple Threat」(2021)【約17分】
『グラン・トリノ』[PG12] (2008) 「シネマティック・レガシー The Heart of a Hero」(2021)【約15分】
『アメリカン・スナイパー』[R15+] (2014)

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly