Menu
(0)

Search

『マイティ・ソー』イドリス・エルバ、次回作は宇宙飛行士役 ─ 深海が舞台の超自然スリラー

イドリス・エルバ
Photo by Harald Krichel https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Idris_Elba-4822.jpg

『マイティ・ソー』シリーズや『スター・トレック BEYOND』(2016)などで知られるイドリス・エルバが、超自然現象を扱ったスリラー映画『Deeper(原題)』に主演することがわかった。米The Hollywood Reporterなど複数のメディアが報じている。

『Deeper』は主人公の落ちぶれた宇宙飛行士が、新たに発見された海溝を探索するため深海へと潜水し、そこで邪悪で危険な存在に直面するストーリー。作風としては『ゼロ・グラビティ』(2013)や『オデッセイ』(2015)に近いとのことだ。なお、エルバは主人公の宇宙飛行士を演じる。

本企画はこれまで紆余曲折を経ており、米MGMが製作権を得た2016年当初は、『アメリカン・スナイパー』(2014)や『アリー/スター誕生』(2018)で知られるブラッドリー・クーパーが主演を務める予定だったという。その後、『ワンダーウーマン』(2017)のガル・ガドットが参加、『ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲』(2014)のコーネル・ムンドルッツォが監督を務めることも決定し、順調に準備が進められていた。しかし米Varietyによると、クーパーがスケジュールを理由に企画を離れて以降、ガドットとムンドルッツォも次々と離脱。一時期は、製作を中止する瀬戸際にまで追い込まれていたという。

しかし、このたびエルバがキャスティングされたことで、企画は実現に向けて大きく一歩前進したといえよう。コーネル・ムンドルッツォ監督に代わってメガホンを取るのは、『エベレスト 3D』(2015)のバルタザール・コルマウクル。脚本は『クロニクル』(2012)や『ブライト』(2018)のマックス・ランディスが執筆した。ランディスは『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)デヴィッド・S・ゴイヤー、『バース・オブ・ネイション』(2016)ケヴィン・トゥレン、『カーゴ』(2017)のラッセル・アッカーマン&ジョン・シェーンフェルダーとともにプロデューサーも務める。

エルバは『ワイルド・スピード』シリーズ初のスピンオフ映画『ホブス&ショウ(邦題未定、原題:Fast & Furious Presents: Hobbs & Shaw)』の撮影を終えたばかり。2019年2月現在、ミュージカル映画『キャッツ(邦題未定、原題:Cats)』の撮影中である。

イドリス・エルバ
Photo by Harald Krichel https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Idris_Elba-4822.jpg

映画『Deeper(原題)』は2019年春より撮影開始予定。米国公開日は未定。

Sources: The Hollywood Reporter, Variety

Writer

Marika Hiraoka
Marika Hiraoka

THE RIVER編集部。アメリカのあちこちに住んでいました。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly