Menu
(0)

Search

マッツ・ミケルセン、『DEATH STRANDING』小島秀夫氏の構想と格闘中 ─ 「非常に精巧、言葉で理解するのが難しい」

ドラマ「ハンニバル」(2013-)や映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)などで知られる“北欧の至宝”マッツ・ミケルセンが、出演する新作ゲーム『DEATH STRANDING』を手がける小島秀夫氏について語った。

『メタルギアソリッド』シリーズをはじめ数々の人気ゲームを手がけてきた小島氏は、プライベートでもマッツと深い親交をもつ。米Polygonのインタビューでマッツが語ったところによると、小島氏とは共通の友人を介して知り合ったそうだ。

「秀夫は友人と一緒に仕事をするのが好きなんですよ。彼は僕の映画をいくつか観てくれていて、それから僕のことを知ったんです。お互いに繋がりができてから、この作品(『DEATH STRANDING』)に参加してほしいと言ってもらいました。」

そうして『DEATH STRANDING』への出演が決まったマッツだが、どうやら小島氏の構想は難解なようで、最初は「何を言われているのかわからなかった」と告白している。

「彼と会ってから、周りの人に(小島氏について)聞いたんです。僕より若い人たちは、みんなが“全てのゲームのゴッドファーザーですよ!”って言いました。そして、彼は天才だってことがわかった。どんな仕事にせよ、彼の作品のようなものを僕は見たことがありません。特に今回は、自分たちがやっているようなことを、僕はかつて知らないんです。」

『DEATH STRANDING』の全貌はいまだ謎に包まれたままだ。小島氏の世界に携わることの難しさ、そのやりがいをマッツは語っている。

「今でも彼(小島氏)はどういう作品なのかを僕に説明しようとしてくれるんですが、僕はバカみたいに突っ立って、“えっ、もう一回教えて?”って言ってるんです。彼の世界は非常に精巧なんですよ。仕事をやり終えると納得するんですが、話していて理解するのが難しいんです。

なお、マッツは現在でも『DEATH STRANDING』の作業に関わっているとのこと。「あとどれくらい(仕事が)残っているのかはわからない」とのことで、気になる発売日も小島氏が決めることだとして「知らない」と述べている。いわく、「何を言って良くて、何を言ってはいけないのか、とてもしっかりとした決まりがある」のだとか……。

ちなみにマッツは幼いころ、アーケードゲームの『パックマン』や『スペースインベーダー』で遊んでいたのだそう。当時は自分のプレイを上手いと思っていたというが、今では息子と一緒にサッカーゲーム『FIFA』シリーズなどをプレイしては苦戦しているとか。「自分が何をやってるのかわからない。恥ずかしいですよ」。

PlayStation 4専用ソフト『DEATH STRANDING』の発売時期は不明

コジマプロダクション 公式サイト:http://www.kojimaproductions.jp/

Source: Polygon

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly