Menu
(0)

Search

『インデペンデンス・デイ』ローランド・エメリッヒ監督、グラディエーターを描くドラマ手がける ─ アクションと陰謀が満載のシリーズに

ローランド・エメリッヒ
Photo by Dick Thomas Johnson https://www.flickr.com/photos/31029865@N06/28502013341/ Remixed by THE RIVER

SFパニック映画『インデペンデンス・デイ』シリーズで監督を務め、Amazon Studio製作によるSF超大作『ムーンフォール』も2022年7月29日より配信となるローランド・エメリッヒが、米配信サービスPeacockにてグラディエーター(剣闘士)を描くドラマ「Those About to Die(原題)」を手がけることが明らかとなった。

Deadlineによると、古代ローマを舞台にした本作は、煩雑で腐敗したグラディエーターの世界を描くシリーズ。競技と政治、戦略が交錯・衝突する古代ローマ社会の様々な階級における、多様なキャラクター・アンサンブルにより物語が紐解かれるという。

エメリッヒは自身のプロダクション会社Centropolis Entertainmentの下でメガホンをとる。『パトリオット』(2000)でエメリッヒとタッグを組み、『プライベート・ライアン』(1998)を手がけたロバート・ロダットが脚本を担当。現時点ではキャストは未定。

米NBCユニバーサル・テレビジョン&ストリーミングの脚本コンテンツ部門を率いるリサ・カッツは、「『Those About to Die』は、まったく新しい形で古代ローマを描く作品」だと紹介。「このシリーズは、壮大なスケールでグラディエーターの闘いや戦車レースを描く一方で、宮殿の陰謀やダークな犯罪裏社会に絡んでくる意外なキャラクターも登場します」と見どころを説明している。

製作総指揮にはエメリッヒとロダットに加え、『300 <スリーハンドレッド>』シリーズのジャンニ・ヌナリ、『ムーンフォール』をはじめエメリッヒと何度も組んでいるハロルド・クローサー、『帰ってきたヒトラー』(2015)のオリヴァー・ベルビンらが名を連ねている。製作予算は約1億4000万ドル(現為替1ドル=137円換算:約190億円)で、2023年前半にイタリアで撮影開始の予定。

驚異のスペクタクル映像で『GODZILLA』(1998)や『2012』(2009)などを手がけたエメリッヒのこと、映画を凌ぐスケールで「Those About to Die」を魅せてくれそうだ。

Source:Deadline

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly