Menu
(0)

Search

『エノーラ・ホームズの事件簿』予告編、ミリー・ボビー・ブラウンの「駆け出し探偵」登場 ─ ヘンリー・カヴィルはシャーロック・ホームズ役

エノーラ・ホームズの事件簿
Netflix映画『エノーラ・ホームズの事件簿』2020年9月23日(水)独占配信開始

「ストレンジャー・シングス 未知の世界」(2016-)のミリー・ボビー・ブラウンが主演・製作を務める、本格ミステリー・アドベンチャー『エノーラ・ホームズの事件簿』が2020年9月23日(水)より独占配信される。このたび、ミリー演じる主人公エノーラ・ホームズや、ヘンリー・カヴィル演じる兄の名探偵、シャーロック・ホームズらが登場する予告編が公開された。

1884年、イギリス。エノーラ・ホームズが16歳の誕生日を迎えた朝、母親が謎めいた暗号を残して失踪した。事件をきっかけに、兄のシャーロックとマイクロフトに久々に再会し、兄たちに面倒をみられることになったエノーラだったが、自由奔放な彼女は兄たちに従わず、母親を探すべく単身ロンドンへ。旅の途中、若き貴族の失踪事件に関わったことから、世界の歴史を覆しかねない、恐るべき陰謀と謎に巻き込まれていく。エノーラは兄譲りの推理力を発揮し、名探偵の仲間入りを果たすことができるのか。そして消えた母親の行方は…?

公開された予告編では、母とエノーラの“淑女のための教育”とはかけ離れた過激な教育法が描かれ、母子の普通ではない関係性が明らかに。しかし愛する母が失踪するや、エノーラは厄介払いのように花嫁学校へと行かされることに。学校を飛び出し、真相究明を決意するエノーラの物語は、ミステリー要素はもちろんのこと、疾走する列車での攻防、ドレス姿でのアクションシーンも盛りだくさん。エメラルドのワンピース、赤いドレス、ボーイッシュな白シャツなど、さまざまな衣装に身を包むエノーラ=ミリー・ボビー・ブラウンの姿を見ることができる。もちろん、ヘンリー演じる“凛々しい”シャーロックも随所に登場だ。

エノーラ・ホームズの事件簿
Netflix映画『エノーラ・ホームズの事件簿』2020年9月 全世界独占配信開始

主演は「ストレンジャー・シングス」で大ブレイクしたミリー・ボビー・ブラウン。実姉のペイジ・ブラウンらと共にプロデューサーも務めている。兄シャーロックはスーパーマン役でおなじみのヘンリー・カヴィル、もうひとりの兄マイクロフトは『ハンガー・ゲーム』シリーズのサム・クラフリンが演じる。そして個性的すぎるエノーラの母親役には、ティム・バートン監督作品や『ハリー・ポッター』シリーズなどのヘレナ・ボナム=カーター。豪華キャストの共演によって繰り広げられる、若き名探偵エノーラの謎解きと冒険に注目だ。

Netflix映画『エノーラ・ホームズの事件簿』は2020年9月23日(水)より全世界独占配信

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly