Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』米国版ポスター公開 ─ イベントで特別映像上映、レイのダークサイドを示唆

『スター・ウォーズ』シリーズ新3部作の完結編、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の米国版ポスターが公開された。2019年8月24日(米国時間)、ディズニーによる大型イベント「D23 Expo 2019」にて、ルーカスフィルム社長のキャスリーン・ケネディ氏や、監督のJ・J・エイブラムス、そして出演者が登場した。

イベントにて実施されたプレゼンテーションでは、米国版ポスターのほか、イベント会場限定で特別映像も上映されている。


スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
The Walt Disney Company/Image Group LA

StarWars.comには、限定上映された映像の概要が記されている。いわく、レイは(ダース・モールのような)赤い両刃のライトセーバーを振るい、うねる海面の上で、瓦礫のようなものの上に立ってカイロ・レンと戦っており、空にはスター・デストロイヤーとXウィングの姿が見えていたという。そこに重なってくるのは、ダース・ベイダーの切れ切れになった呼吸音と、予告編にも使用されている、ルーク・スカイウォーカーの「知っていることはすべて伝えた。長い歳月が、いまや君の中にある。しかし、これは君の戦いなのだ」という言葉だ。

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(エピソード9)
(The Walt Disney Company/Image Group LA)
OSCAR ISAAC, JOHN BOYEGA, DAISY RIDLEY

公開されたポスターは、映像と同じく、レイとカイロ・レンが激闘を繰り広げる背景に、パルパティーン卿の顔が浮かび上がっているというデザイン。もはやパルパティーンが物語のカギを握っていることは間違いないわけだが、前作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)でも匂わされていた“レイのダークサイド墜ち”も大きなポイントといえる。なにせ、レイはポスターでパルパティーンの視線を受け、映像ではダース・モールのごときライトセーバーを使っていたというのだ。米Colliderは、映像に含まれていたレイ vs カイロ・レンの戦いについて「『エピソード3/シスの復讐』(2005)のオビ=ワン対アナキンに似た雰囲気があった」とすら記している。

Varietyの取材にて、レイ役のデイジー・リドリーは、フォースの両面に触れることについて「素晴らしいことですよ」と語っている。

「もっとも人間らしいところだと思っています。だって、誰もが人生の中では、ある出来事によってこちら側に引っ張られ、またある出来事によってあちら側に引っ張られ、という経験をするわけですから。この物語がどうなっていき、そして私が最終的にどこへ行きつくのか、演じるのは楽しかったですね。」

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は2019年12月20日(金)日米同時公開

合わせて読みたい

Sources: Star Wars, Variety, Collider

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。ビリー・アイリッシュのライブに行きたい。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly