Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ エピソード9』撮影開始! J・J・エイブラムス監督、ジョン・ボイエガが報告

スター・ウォーズ/エピソード9

2018年8月1日(現地時間)、映画『スター・ウォーズ エピソード9(仮題)』の撮影が始まったようだ。脚本・監督のJ・J・エイブラムス、フィン役のジョン・ボイエガが報告している。この日に撮影が始まることは、ルーカスフィルムによって先日正式に告知されていた。

J・Jは自身のTwitterにて、レイア・オーガナ役の故キャリー・フィッシャーや前作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)のライアン・ジョンソン監督、「スター・ウォーズ」シリーズの創造主たるジョージ・ルーカスに言及しながら、ついに迎えた撮影への思いを記している。

「キャリーなしでこの次回作を始めることにはほろ苦さがありますが、すばらしいキャストとスタッフのおかげで、先へと進む準備が整いました。ライアン・ジョンソンに感謝を、そしてこの最高の世界を生み出し、物語を始めたジョージ・ルーカスに特別な感謝を。参加していることを幸運に思います。 #IX」

J・Jは2017年10月にTwitterアカウントを始動させていたが、今回のツイートが初めての投稿となる。『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(2018)のロン・ハワード監督同様、今後『エピソード9』の撮影現場から舞台裏の様子を知らせてくれることになるのかもしれない。

ちなみに焦点は合っていないものの、写真に映っているのはフィン役のジョン・ボイエガとみられる。ボイエガも同様の写真を添えながら、「撮影初日終了!」との報告をTwitterに投稿した。さて、隣に座っている人物は…?

チューバッカ役俳優、ライアン・ジョンソンらの反応

J・Jによる撮影開始の報告には、チューバッカ役のヨーナス・スオタモが「フォースとともにあらんことを(May The Force Be With You) #IX」と反応。おそらくヨーナスは撮影初日時点で現場には合流していないものとみられる。

またメッセージを贈られた『最後のジェダイ』のライアン・ジョンソン監督は、ハリソン・フォード演じるハン・ソロの画像でJ・Jにエールを送った。

いよいよ撮影が始まった『スター・ウォーズ エピソード9』には、レイ役のデイジー・リドリー、フィン役のジョン・ボイエガ、カイロ・レン役のアダム・ドライバー、ポー・ダメロン役のオスカー・アイザック、マズ・カナタ役のルピタ・ニョンゴ、ハックス将軍役のドーナル・グリーソン、ローズ・ティコ役のケリー・マリー・トラン、チューバッカ役のヨーナス・スオタモらが続投。
オリジナル3部作からはルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミル、ランド・カルリジアン役のビリー・ディー・ウィリアムズ、C-3PO役のアンソニー・ダニエルズが出演する。レイア・オーガナ役の故キャリー・フィッシャーは、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)の未公開映像によって登場することが発表された。

ちなみに「スター・ウォーズ」シリーズの実写映画全作品に出演しているアンソニー・ダニエルズは、撮影開始に先がけて、J・Jやルーカスフィルムのキャスリーン・ケネディ社長と食事をともにした模様。その様子をこのように報告している。

「『スター・ウォーズ エピソード9』ネタバレ注意。僕にはもっと大きいスーツが必要になる。お気に入りのレストランで、J・Jやキャスリーンと歓迎の食事会をしたのは最高だった。昔からの顔と新しい顔が揃って…僕が一番古いんだけど。ネタバレ注意その2、サーモンを食べました。」

映画『スター・ウォーズ エピソード9(仮題)』は2019年12月20日に米国公開予定

Sources: J.J. Abrams, John Boyega, Joonas Suotamo, Rian Johnson, Anthony Daniels

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly